ハイエースを査定に出してみた結果【体験談】

ハイエースを査定に出してみた結果【体験談】

ハイエースを査定に出してみた結果

ハイエースといえば、トヨタが世界に誇るキャブオーバータイプのワンボックス車です。

そんなハイエースを査定に出すと、年式・走行距離を問わず高値がつきやすいということをご存知ですか?

我が家には、2004年式で走行距離170,000kmオーバーのハイエースがあります。
車体に数箇所へこみや傷があったり、見た目にかなり古いと分かる車なんですが、まだまだ現役で走ってくれる愛車です。

真剣に車を売ることを考えていた訳ではないのですが、現時点で、我が家のハイエースには一体いくらの買取査定額がつくのか知りたかったので査定に出してみることにしたのですが・・・その結果、予想を上回る買取査定額がハイエースにつきました。

合計3つの方法で査定額を出したので、1つ1つその方法について説明していきたいと思います。

ハイエースがなぜ高値で査定してもらえるか

ハイエースの歴史は長く、初代ハイエース10系が登場したのが1967年。2017年には、ハイエース生誕50周年を迎えました。

「日本初の新分野のキャブオーバーバン」をコンセプトに発売された初代ハイエースから、2代目ハイエース20系(1977年~)、3代目ハイエース50系(1982年~)、4代目ハイエース100系(1989年~)、5代目ハイエース200系(2004年~現在)まで4回のフルモデルチェンジを行っています。

ハイエースは商業用バンとして製造されていますが、広い室内を用途に合わせて自由にカスタムすることが出来るので家族用の車として選ばれることも多く、幅広い層から人気の車です。

また、ハイエースのディーゼル車は燃費が良くエンジンが強いので、海外での需要も高いです。日本では廃車扱いとなったハイエースでも、海外では現役車とされ、第2の人生を海外で送るハイエースも少なくありません。

なのでハイエースは、年式・走行距離を問わず、中古車市場での値落ち率が低いのです。

ハイエースの査定方法

事前に友人から「査定額は店舗によってピンきりだから、一箇所だけしか査定に出さないのは損する!」と言われていたので、次の3つをフル活用しました。

近所の新車ディーラー店での下取り

ネットからの買取一括査定

カーオークション

ハイエース:近所の新車ディーラーでの下取り

対応がとてもよく、担当者さんが丁寧に時間をかけて車の状態を見てくれました。

査定額:9.3万円

ハイエース:ネットからの買取一括査定

ホームページにある申し込みフォームに、車種や色、年式、走行距離、傷の有無、自走可能かどうか、事故歴等を詳細に書き込み送信。

1回の申し込みで5社から買取査定額を出してもらえました。

ただ、各社から買取査定額を出してもらうまでの電話連絡が面倒で、5社全てに買取査定額を出してもらうまでに少し時間がかかりました。

最高査定額:28.3万円

最低査定額:11.5万円

平均査定額:19.7万円

ハイエース:カーオークションでの査定額

自分で車の写真を撮って、申し込みフォームに車種や年式、走行距離等を書き込み送信。写真をうまく撮れなかったので(携帯で撮影)、買い手が付くのか心配でしたが想像以上の入札があって驚きました。

買取査定額(最高落札金額):40.1万円

感想

最安値の”近所の新車ディーラー店での下取り”と最高値の”カーオークション”では、買取査定額に30.8万円もの開きがありました。

同じ車でもこんなにも買取査定額に開きが出るとは思っていなかったので、複数に買取査定を依頼してみてよかったです。カーオークションで思わぬ高値がついたので、私は今回、カーオークションでハイエースを買取に出すことにしました。

何故カーオークションが高く査定されるか?

近所の新車ディーラー店での下取りの買取・査定額が一番低かったのには理由があるみたいで、そもそも下取りとは新車ディーラー店にとってはほぼ無償サービスのようなものらしいです。
新車を売ることが仕事である新車ディーラー店では正直、下取りの車があってもなくてもとくに困りません。つまりどちらでもいいのです。
なので、ほぼ無償サービスに近い感覚で行っているだけの下取りにチカラを入れている新車ディーラー店はなく、下取りの買取査定額が3つの中で一番低くなるということです。

その点、カーオークションでは”その車を欲しがっている業者”が入札してくるので、高値の買取額がつきやすくなっているようです。
さらに、オークションということで業者がぞれぞれネット上で買取り価格の競い合いをリアルタイムで行います。競い合うことで買取り価格が跳ね上がりやすく、一般の買取査定では考えられないような高値がつくことも少なくないようです。

カーオークションについては、海外では当たり前となっているシステムなのですが、日本ではまだあまり馴染みがないように思います。
私も今回利用するまでカーオークションのことは何も知らなかったのですが、利用方法も簡単だったし、入札者も車の買取を専門としている業者だけなので安全に車を買取ってもらえるので、今後車の買取査定を予定している人には、カーオークションをお勧めします。

今回3つの方法で買取査定額を出し、相場の2倍でハイエースを買取りに出した私がお勧めする方法として、
高値でハイエースを売りたい人や、買取の際に絶対に損をしたくないという人は、

1.下取りには出さない
2.一括査定に申し込み、自分のハイエースの相場と最高額を知る
3.カーオークションで「ウリキリ価格」の希望額を、一括査定で出た最高額に設定する

この3つの方法を実行することによって、損することなく最高額でハイエースを手放すことが出来ると思います。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

車種別の査定相場情報を大公開

その他の車種の中古車査定相場を知りたい方はコチラ

中古車査定サイトのおすすめランキング

第1位:中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコムの特徴

●リンク先:中古車買取ドットコムはコチラ
●情報入力後に概算価格を提示してくれる

●入力項目:最低入力4項目(約22秒)
●年間実績数:約5万件
●年間問合せ数:約20万件
電話だけでの査定も行えるので非常に簡単

第2位:車簡単査定ガイド

車簡単査定ガイドの特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:9項目(約70秒)
●年間実績数NO.1:約35万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:不可

第3位:カーセンサー

カーセンサーの特徴

●ネームバリューと認知度の高さから、ユーザーからの信頼感は◎
●提携会社No.1:約1000社
●入力項目:17項目(約3分)
●最大査定依頼社数:30件
●査定会社選択:可能

第4位:ズバット車買取

ズバット車買取の特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:7項目(約45秒)
●年間実績数NO.1:約18万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

第5位:楽天オート

楽天オートの特徴

●認知度の高さから、利用者増
●バイクにも対応
●入力項目:11項目(約90秒)
●申し込み・成約で楽天ポイントがもらえる
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能