ウェイク|査定相場を大公開

ウェイク|査定相場を大公開

ウェイク|車・中古車の査定相場

ウェイク 査定

ダイハツのウェイクは、同車の「タント」を使って開発された軽自動車。キャッチフレーズは「ドデカク使おう。」で、CMでは玉山鉄二・中嶋広稀が起用された。
グレードは「D」「L」、ターボ車に「X」「G」の4グレードで発売された。全長が1,835mmであるのに対し室内高は1,455mmであり、これは軽自動車で最も高いとされている。
「ウェイク」の名前の由来は、基盤になっている「タント」の「上を行く」意味合いで付けられたとされている。また、英語で「wake=目覚める、呼び覚ます」の意味合いも込められている。その名の通り、従来のものと比べると“ひとつ上を行くこだわり”が多数散りばめられているように思える。例えば、その広い車内空間・荷室・内装である。
ひとつ上を行く感動収納ハイパーインパネや、座席一つ一つに気配りが施されているこだわりのシート、乗員の人数や積載する荷物の大きさなどに合わせたアレンジ可能なウルトラスペース、そして変幻自在のミラクルラゲージはウェイクの売りと言っても過言ではない。

前述した通り、ウェイクは軽自動車で最も高い室内高だが、その利点は室内の快適性だけにとどまらない。車の背を高くしたことで、、ミニバン並みのアイポイント(※日本人男性平均身長170cmでの寸法)を実現。遠くまで見渡せることで運転にも余裕と安心感が生まれるとの評判だ。また、乗降フロア高は365mmと低めに設定されており、楽に乗り降りが可能となっている。室内フロア高は595mmと丁度いい位置にあるため、腰に負担をかけることなく荷物の積み下ろしが出来る。

ウェイクは日常使いはもちろんだが、レジャーの用途でも大活躍できるよう設定されている。
また、変幻自在のラゲージスペースと前述したとおり、デッキボードと後席をフラットにすることで大容量の荷物が積載出来るようになっている。普段使いの「通常モード」に加え、デッキボードをあけて使う「アンダートランク一体モード」、脚を立ててアンダートランクの容量をアップする「二段積みモード」、ラゲージボードやネットをプラスした「+α三段積みモード」などがある。大容量の荷物が積載できる秘密は、ラゲージアンダートランクにある。ラゲージの床下部分に90L(※駆動方式・グレードによる)の大容量アンダートランクを装備している。クーラーボックスなどの大きな荷物を積み込むことが可能となっているため、キャンプや釣りなどのレジャーの際に大活躍すること間違いなしだ。また、泥のついたシューズや濡れた荷物を置いても簡単に汚れが拭き取れる「イージーケアフロア」も搭載しているのも、細かい配慮だが嬉しいポイントの一つだ。

気になる走行性能・燃費だが、2WDで走行燃費25.4km/L、4WDで24.6km/L(※LレジャーエディションSAⅢ、L SAⅢ、D SAⅢ、Dのグレードの場合)と中々の高燃費で現在ではエコカー減税の対象車となっている。低燃費の理由の一つに、車が止まる少し前からエンジンを自動停止するシスエム「エコアイドル」が搭載されていることも大きいだろう。そして状況に応じて作動をコントロールしてくれるため、渋滞、駐車時、坂道でも安心・快適に運転することができる。その他のこだわりでは、気流に小さな渦を発生させることによって左右から車体を抑え揺れを抑制する「空カフィン」や登り坂の発進時に車体の後退を防ぐ「ヒルホールドシステム」などが挙げられる。最小回転半径は僅か4.4mであり(※Gターボ“レジャーエディションSA Ⅲ”は4.7m)、狭い路地を走行する際や駐車場での車庫入れもスムーズに行うことが可能となっている。

安全性能でもぬかりはなく、ウェイクはダイハツが誇る自動ブレーキシステム「スマートアシストⅢ」を搭載している。(※グレードによる)
危険が迫るとドライバーに警告したり(衝突警報機能)、緊急ブレーキをかけ安全運転を支援する(衝突回避支援ブレーキ機能)。
クルマだけでなく歩行者との衝突回避のサポートもしてくれるため、もしもの時に備えることができる。
その他にも様々な箇所で安全へのこだわりが見受けられ、昨今の安全運転に対する取り組みが終結されている。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

ウェイクの査定相場事情

コストパフォーマンスが高いと定評のウェイクは、世代を問わず多くの人から広い支持を得ている。
快適性を追求した広い車内空間や、安全走行への取り組みが高く評価されているため、軽自動車の中でも得に人気が高い。
一般的な軽自動車は「狭い」「安全性に問題がある」と思われがちだが、ウェイクはそんな世間のイメージを覆し、
快適性・機能性だけでなく、安全性にも配慮した構成となっている。
大人の乗り降りでも窮屈さを感じさせない室内高や大容量のラゲージスペースを有し、業界でも注目されている「スマートアシストⅢ」を搭載。
普段使いだけでなくレジェー用途にも対応した造りとなっており、幅広い層から支持されるもの納得だ。
また、高速道路など風を大きく受ける場所でもふらつくことのないように、左右から車体を抑え揺れを抑制する「空カフィン」も搭載されている。
使用者からは「軽自動車であるのを忘れる」や「安全性が高くていい」「広くて快適」などの声が上がっている。
買取相場だが、グレードによって人気は様々だ。
中でも最も人気が高いのはターボエンジンを搭載したGで、スタンダードタイプに比べると20万円ほど差が生まれることも。
カラーバリエーションが多い車なので、査定に出す場合は車体色にも注目したいところだ。
ウェイクは2014年に発売され、まだ比較的新しい車だ。
そのため年式による違いはさほどなく、走行距離やグレード、ボディカラーによって査定額が上下するだろう。

ツーサテの査定相場について

本サイトにおける査定相場は、過去の査定実績をもとに算出しているものであり、決して査定額を保証するものではありません。

査定時期による相場変動、年式・走行距離や車両の状態に応じて査定額は変動するものです。

また、査定会社によっても査定基準は異なりますので、あくまでも参考値としてお考え下さい。

ウェイクの査定相場表

ウェイク G ターボ SAII/平成28年/1万km/その他カラー/127万円
ウェイク G ターボ レジャーエディション SAII/平成28年/1万km/ブラック/109万円
ウェイク G/平成28年/1万km/ホワイトパール/97万円
ウェイク X ファインセレクション/平成28年/2万km/ブラック/76万円
ウェイク L レジャーエディション SAIII/平成28年/1万km/ホワイトパール/102万円
ウェイク L SAII/平成28年/2万km/グリーン/80万円
ウェイク L/平成28年/1万km/ホワイトパール/83万円
ウェイク L ファインセレクション SA/平成28年/3〜4万km/ブルー/92万円
ウェイク D/平成28年/1万km/グレー/80万円

ウェイク G SA/平成27年/2万kmイエロー/71万円
ウェイク X/平成27年/2万kmブラック/72万円
ウェイク X SA/平成27年/4万km/ホワイトパール/76万円
ウェイク L/平成27年/1万km/グリーン/113万円
ウェイク L SA/平成27年/1〜2万km/ホワイト/93万円
ウェイク D SA/平成27年/2〜3万km/ブラック/97万円

ウェイク G SA/平成26年/3〜4万km/ホワイトパール/97万円
ウェイク G SA/平成26年/1万km/オレンジ/104万円
ウェイク X SA/平成26年/4〜5万km/ホワイトパール/80万円
ウェイク L SA/平成26年/3万km/ゴールド/70万円
ウェイク L 4WD/平成26年/2万km/ブラウン/94万円
ウェイク D/平成26年/2万km/ブラウン/72万円
ウェイク D SA/平成26年/2万km/ブラック/82万円

ウェイク G ターボ SAII/平成25年/1万km/グリーン/107万円

ウェイク G/平成24年/2〜3万km/ホワイトパール/95万円
ウェイク G SA/平成24年/1万km/グリーン/81万円
ウェイク X ファインセレクション SA/平成24年/2万km/ブラウン/93万円
ウェイク X SA/平成24年/1万km/ホワイトパール/101万円
ウェイク X 4WD/平成24年/3万km/ブラウン/88万円

ウェイクのスペック表

ダイハツ・ウェイク LA700S/LA710S型

■販売期間/2014年11月10日-
■乗車定員/4名
■ボディタイプ/5ドア軽トールワゴン
■エンジン/
KF型:658cc 直列3気筒DOHC
KF型:658c 直列3気筒DOHCターボ

■駆動方式/前輪駆動/四輪駆動
■最高出力/
38kW (52PS)/6,800rpm(NA車)
47kW (64PS)/6,400rpm(ターボ車)

■最大トルク/
60N・m (6.1kgf・m)/5,200rp(NA車)
92N・m (9.4kgf・m)/3,200rpm(ターボ車)

■変速機/CVT
■サスペンション/
前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング(2WD)
後:3リンク式コイルスプリング(4WD)

■全長/3,395mm
■全幅/1,475mm
■全高/1,835mm
■ホイールベース/2,455mm
■車両重量/990-1,060kg
■ブレーキ/前:ベンチレーテッドディスク 後:リーディング・トレーリング
■姉妹車/トヨタ・ピクシスメガ・ダイハツ・ハイゼットキャディー

 

車種別の査定相場情報を大公開

その他の車種の中古車査定相場を知りたい方はコチラ

 

中古車査定サイトのおすすめランキング

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコムの特徴

●リンク先:中古車買取ドットコムはコチラ
●情報入力後に概算価格を提示してくれる

●入力項目:最低入力4項目(約22秒)
●年間実績数:約5万件
●年間問合せ数:約20万件
電話だけでの査定も行えるので非常に簡単

車簡単査定ガイド

車簡単査定ガイドの特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:9項目(約70秒)
●年間実績数NO.1:約35万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:不可

カーセンサー

カーセンサーの特徴

●ネームバリューと認知度の高さから、ユーザーからの信頼感は◎
●提携会社No.1:約1000社
●入力項目:17項目(約3分)
●最大査定依頼社数:30件
●査定会社選択:可能

ズバット車買取

ズバット車買取の特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:7項目(約45秒)
●年間実績数NO.1:約18万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

楽天オート

楽天オート

●認知度の高さから、利用者増
●バイクにも対応
●入力項目:11項目(約90秒)
●申し込み・成約で楽天ポイントがもらえる
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能