トヨタC-HR|査定相場を大公開

トヨタC-HR|査定相場を大公開

トヨタC-HR|査定相場を大公開

トヨタC-HR|車・中古車の査定相場

トヨタC-HRはトヨタ自動車が2016年から現在にかけて製造・販売しているコンパクトクロスオーバーSUVだ。

世界戦略モデルとして2016年に誕生しており、コンセプトカーをニュンブルクリンク24時間耐久レースに参戦させるなど、世界の様々な道で走行させてその運動性能を確かなものとした。4代目プリウスと同一のプラットフォーム「TNGA」を採用しており、これは史上2台目の使用となっている。

発売当初は2WDの1.8リットルハイブリッド型、4WDの1.2リットルターボの2種類で展開しており、後の改良時にターボ車に2WDが追加されている。また、海外戦略車でもあるため、東南アジアや北米でエンジン排気量は多少異なっている。

リアスポイラーを装着し、空力性能を向上させているほか、デザイン性も重視している。

エクステリアは「センシュアル スピード-クロス」をコンセプトとしており、キャビン形状は疾走感を強調し、彫刻美を彷彿させる面造形、ボディフレアは大きく突き出しており、C-HR独自の個性を醸し出しているといえる。

また、コックピットからの見通しの良さにも定評があるC-HR。ワイド&ローのボディ構造による車両安定性を確保しつつも、前方をしっかりと見据えられるようにアイポイントを高く設定している。右左折時の視界を遮らないように、フロントピラーをスリム化し、ドアミラーを後方に低く設定したことによる三角窓の拡大など、全方位不自由無く見渡せる配置となっている。また、姿勢崩れがしづらいTNGAシートを採用しており、クッションパッドを最適化し、しっかりとしたホールド感による安定性、心地よい乗り心地による室内快適性を実現している。

スイッチ類は手を伸ばせば届く範囲に配置しており、直感的な操作でエアコンの調節が可能なスイッチ式を採用している。使用頻度の高いスイッチ類はダイヤモンド形状に区分けしており、操作を容易にしている。視線移動を少なくしているため、ドライバーは運転に集中することが出来るだろう。

操舵性・操作性能にもこだわりを持っており、視認性の高いコックピットはもちろん、上質なレザー素材を採用したステアリングは、握った瞬間に取り回しの良さと操作性が実感出来るステアリングフィーリングを誇り、シフトレバー、アクセルとブレーキペダル、フットレストの位置や形状、角度全てを最適化している。

前述したようにエンジンはハイブリッドとターボエンジン搭載モデルの2種類で展開している。ハイブリッドシステムでは、全体を効率化することによって低燃費を実現し、アクセルを切った瞬間から車が素直に反応するドライビングフィールを体感することが出来るだろう。シームレスな加速感とパワフルな走行性を両立した優秀なパワートレインとなっている。

一方、ターボエンジンはシングルスクロールターボチャージャーとバルブ開閉タイミングを最適に制御するシステムであるVVT-iWとVVT-iを組み合わせており、幅広い回転域で力強いパワーを発揮する。伸びやかな加速と俊敏なレスポンスにも定評があるほか、燃費効率を最適化する先進システム「D-4T」は低燃費にも貢献している。

そして何と言ってもC-HRの魅力は、サーキットで鍛え上げた高い基本性能といえるだろう。新開発のTNGAプラットフォームによる低重心ボディは安定性や静粛性を実現したほか、ドライバーの疲労軽減にも寄与している。

大型スタビライザーを採用し、ロール剛性を高めたことによってSUVの課題でもあった横揺れを抑制している。緩衝材にはウレタン材を採用しており、高周波域で低動バネ化を実現している。それによってあらゆる路面に対応した走破性を実現し、しなやかでフラットな乗り心地を体感することが出来るだろう。

歩行者検知機能付きの衝突回避支援システムであるプリクラッシュセーフティシステムや追従機能付きのレーダークルーズコントロール、ステアリング制御機能付きのレーンデイパーチャーアラート、オートマチックハイビームを全車標準で装備しており、安全性や快適性、先進性を世界にアピールしている。

SUVとしての走行性・走破性はもちろんのこと、デザイン性や快適性にもこだわり抜いたトヨタが誇るコンパクトクロスオーバーSUV・トヨタC-HR。以下に査定相場の傾向と相場表を記載してるので、是非参考にしてほしい。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

トヨタC-HRの査定相場事情

トヨタが世界に誇るクロスオーバーSUV・トヨタC-HR。走行性能にこだわり抜いた開発を行っており、24時間耐久レースに投入しそれに耐え抜く性能を発揮するなど、世界からの注目度も非常に高い1台だ。

あらゆる先進技術を搭載し、ドライバーが快適に走行出来る工夫が随所に施されている。予防安全性にも注力しているトヨタは、発売時から全車標準装備で歩行者検知機能付きの自動ブレーキを搭載するなど、高い安全性を世界に誇った。

中古車史上でも非常に高値で取り引きされている車種であり、ほとんど値下がりは無いといえる。発売してから、一部改良を除いてまだ一度もモデルチェンジが行われていないため、年式による価格差はあまり見受けられない。査定額はグレードと走行距離によって左右されるといえるだろう。ターボエンジン搭載モデル、ハイブリッドモデルどちらも高い人気を誇っており、買い手次第で価格が上下することだろう。

モデルチェンジが行われると、現在の市場価格が下がることは必至のため、売却を検討中の人は常に最新の情報に耳を傾けておくべきだろう。

トヨタC-HRの査定相場表

C-HR G/平成30年式/1万km走行/201万円
C-HR G LEDエディション/平成30年式/1万km走行/217万円
C-HR G-T/平成30年式/1万km走行/189万円
C-HR G-T LEDエディション/平成30年式/1万km走行/180万円
C-HR S LEDエディション/平成30年式/1万km走行/163万円
C-HR S-T/平成30年式/1万km走行/167万円

C-HR G/平成29年式/1万km走行/188万円
C-HR G/平成29年式/2万km走行/189万円
C-HR G/平成29年式/3万km走行/197万円
C-HR G/平成29年式/4万km走行/172万円
C-HR G/平成29年式/5万km走行/171万円
C-HR G/平成29年式/6万km走行/140万円
C-HR G-T/平成29年式/1万km走行/187万円
C-HR G-T/平成29年式/2万km走行/195万円
C-HR G-T/平成29年式/3万km走行/189万円
C-HR G-T/平成29年式/4万km走行/163万円
C-HR G-T LEDエディション/平成29年式/1万km走行/202万円
C-HR S/平成29年式/1万km走行/152万円
C-HR S/平成29年式/2万km走行/164万円
C-HR S/平成29年式/3万km走行/149万円
C-HR S/平成29年式/7万km走行/120万円
C-HR S LEDエディション/平成29年式/1万km走行/152万円
C-HR S-T LEDエディション/平成29年式/1万km走行/145万円

C-HR G/平成28年式/1万km走行/193万円
C-HR G/平成28年式/2万km走行/184万円
C-HR G-T/平成28年式/1万km走行/181万円
C-HR G-T/平成28年式/2万km走行/161万円

トヨタC-HRのスペック表

トヨタ・C-HR

■販売期間/2016年12月14日 –
■乗車定員/5名
■ボディタイプ/5ドアクロスオーバーSUV
■エンジン/
1.2Lターボ:
8NR-FTS型:1,196cc 直列4気筒 直噴DOHCターボ

1.8Lハイブリッド:
2ZR-FXE型:1,797cc 直列4気筒DOHC

■駆動方式/
前輪駆動:2WD車
四輪駆動:4WD車(ダイナミックトルクコントロール4WD:1.2Lターボに設定)

■モーター/1.8Lハイブリッド:1NM型:交流同期電動機

■最高出力/
1.2Lターボ:
85kW (116PS)/5,200-5,600rpm

1.8Lハイブリッド:
エンジン:72kW (98PS)/5,200rpm
モーター:53kW (72PS)
システム最高出力:90kW (122PS)

■最大トルク/
1.2Lターボ:
185N・m (18.9kgf・m)/1,500-4,000rpm

1.8Lハイブリッド:
エンジン:142N・m (14.5kgf・m)/3,600rpm
モーター:163N・m(16.6kgf・m)

■変速機/
1.2Lターボ:Super CVT-i
1.8Lハイブリッド:電気式無段変速機

■サスペンション/
前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング

■全長/4,360mm
■全幅/1,795mm
■全高/
1,550mm(2WD車)
1,565mm(4WD車)

■ホイールベース/2,640mm
■車両重量/1,400-1,480kg
■ブレーキ/
前:ベンチレーテッドディスク
後:ディスク

■海外仕様のエンジン/
北米仕様
3ZR-FAE型 2.0L 直4 DOHC

中国仕様
M20A-FKS型 2.0L 直4 直噴DOHC

東南アジア仕様
2ZR-FBE型 1.8L 直4 DOHC

■プラットフォーム/TNGA-Cプラットフォーム

 

中古車査定サイトのおすすめランキング

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコムの特徴

●リンク先:中古車買取ドットコムはコチラ
●情報入力後に概算価格を提示してくれる

●入力項目:最低入力4項目(約22秒)
●年間実績数:約5万件
●年間問合せ数:約20万件
電話だけでの査定も行えるので非常に簡単

車簡単査定ガイド

車簡単査定ガイドの特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:9項目(約70秒)
●年間実績数NO.1:約35万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:不可

カーセンサー

カーセンサーの特徴

●ネームバリューと認知度の高さから、ユーザーからの信頼感は◎
●提携会社No.1:約1000社
●入力項目:17項目(約3分)
●最大査定依頼社数:30件
●査定会社選択:可能

ズバット車買取

ズバット車買取の特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:7項目(約45秒)
●年間実績数NO.1:約18万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

楽天オート

楽天オート

●認知度の高さから、利用者増
●バイクにも対応
●入力項目:11項目(約90秒)
●申し込み・成約で楽天ポイントがもらえる
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能