ダイハツ トール|査定相場を大公開

ダイハツ トール|査定相場を大公開

ダイハツ トール|中古車の査定相場

トール 査定

2016年11月にダイハツより新たに発売された車トール。
「これが噂のトールサイズ」や「家族に絶妙サイズ」といったキャッチコピーを掲げており
CMキャラクターに濱田岳を起用していることでも耳に新しい。
トールの名前の由来は北欧神話に登場する雷神のTHORからとされており、神々と人間を巨人から守る要といった性格からも力強さや頼りがいを彷彿させる。
また、「これが噂のトールサイズ」というキャッチコピーもあるように、英語の発音の”TALL”とかけて、その広い室内空間を表現している。
2006年から2013年にかけて販売された車両ダイハツ・クーが事実上の先代車種とされている。

いわゆるミニバンと呼ばれるコンパクトカーでありながら、機能性に富んだ仕様でターゲットであるファミリー層からだけではなく幅広い年齢層から広い支持を得ている。
5ナンバーサイズの規格よりも少し小さめに設定されており、外形寸法をコンパクトにすることで軽自動車さながらの取り回し性を誇るトールだが、
何といってもその魅力は広い室内空間にある。全長・全高が3,725mm(カスタム:3,700mm)×1,735mmであるのに対して、室内長は2,180mm、室内高1,355mmを実現している。
そしてバックドアの開口幅・高は共に約1,080mmあり、荷物の運び入れもラクラクとの定評がある。

同車の軽乗用車の「ムーヴ」や「タント」にも使用されている高剛性ボディ、Dサスペンションも採用されているため、
乗り心地の面でも人気が高いのが頷ける。

トヨタ自動車やSUBARUにOEM供給されており、親会社のトヨタでは「ルーミー」「タンク」として、SUBARUでは「ジャスティ」として発表されている。
競合車種として、スズキのソリオ、スズキからのOEM供給車種として三菱自動車のデリカD:2がある。

トールカスタムの気になる燃費性能は、ターボモデルで21.8km/L、その他のモデルでは22.0〜24.6km/L(参考:ダイハツ公式HP)となっており、
ハイブリット仕様のあるソリオには負けるものの、ガソリン車のコンパクトカーでは十分な値といえるだろう。

最小回転径は4.6m(※14インチタイヤ装着車の場合。15インチタイヤ装着時は4.7m)と小回りは抜群。
コンパクトに曲がることができるため、狭い路地やUターンも楽々とこなせ、駐車もスムーズに出来ると評判だ。

フロントシートウォークスルー導入のため、前後席間や運転席・助手席間の横移動といった車内移動に便利なスペースを設けているのも魅力の一つだ。
その他にも、後席ステップランプ、低床フロア、大型乗降用アシストグリップ(チャイルドグリップ付)といった乗る人に優しい工夫も隅々に散りばめられいる。
子供やご高齢者を乗せる場合でも、それぞれの身長や手の大きさにあった工夫が施されているため、幅広い層に支持されるのも納得だ。

また、両側パワースライドドア機能を有しているため(※グレードによっては片側のみ)、ワンタッチで開閉可能となり、
荷物を抱えての乗り降りも楽々とこなせるため、レジャーや買い物にも最適といえる。
閉まった後のドアを自動的にロックする予約ロック機能や、子供が誤ってドアを開けることを防ぐチャイルドロックプロテクション機能なども搭載し、
事実上の先代車両「ダイハツ・クー」と比べても、安全性がさらに向上したことは言うまでもないだろう。

さらに安全面でいえば、ダイハツの小型乗用車では3代目ブーンに次いでの採用とになる自動ブレーキ機能「スマートアシストⅡ」を採用しており、
先行車と衝突の危険性が高まった時に作動し減速する衝突回避支援ブレーキ機能や、衝突の危険を察知した際にブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせる
衝突警報機能(対車両・歩行者)、車線逸脱警報機能、踏み間違い防止のための誤発進抑制制御機能(前方・後方ともに)、信号待ちなどで前の車が発進した際に
ドライバーに知らせる先行車発進お知らせ機能が備わっている。
その他には、全席のシートベルト閉め忘れ警告灯、エマージェンシーストップシグナル、オートライトを標準装備にし、Xグレード以外には、
アクセルを踏み続けることなくセットした一定速度を保つことが可能なクルーズコントロールも採用している。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

ダイハツ トールの査定相場事情

コンパクトカーとして人気が高いトールは、中古車市場でも非常に人気の高い車種といえる。
5ナンバーの規格ギリギリではなく、少し小さめに設定されているため、軽自動車並みの取り回しの良さで運転がしやすいとの評判だ。
広い室内空間と収納力を誇り、乗り降りの快適性も追求しているトールは、家族層だけでなく幅広い層から支持を得ている。
また、走り易さと低燃費を実現した新開発の1.0Lターボエンジンを搭載することにより、1.5Lクラス相当のトルクを幅広い回転域で発揮することが可能となっている。
高速道路でもストレスを感じることない加速性を実感できるのはもちろん、アクセル操作に対して優れたレスポンスをもたらすスポーツモード設定も魅力の一つだ。
ただし、OEM供給先のトヨタ「ルーミー」や「タンク」に知名度の面で劣っており、買取価格の面でやや不利になる可能性も否めない。
中古車市場にはまだ出回る数は少ないが、その価格はトヨタ車に追従していく形となるだろう。
2016年に発売してまだ年式が新しいため、買取検討している人が少ないのが現状だが、最初の車検を迎える3年後までに流通量は増加していく傾向にあるため、
もし買取を検討しているのならば早めの決断が吉となることは間違いない。
カラーに関しては諸説あるが、メーカーオプションのカラーよりも標準色の方が中古車市場で需要が高いと言われている。
そのため、カスタムグレード車両で需要の低いカラーやバイカラーに設定した場合、査定価格が下がる可能性も高い。
ともあれ、人気のオートクルーズ機能(下位グレードを除く)や自動ブレーキシステムのスマートアシストⅡ(メーカーオプション)が発売当初から搭載されているなど、
昨今の自動ブレーキブームにも伴ってまだまだ需要が非常に高い車種といえる。

ツーサテの査定相場について

本サイトにおける査定相場は、過去の査定実績をもとに算出しているものであり、決して査定額を保証するものではありません。

査定時期による相場変動、年式・走行距離や車両の状態に応じて査定額は変動するものです。

また、査定会社によっても査定基準は異なりますので、あくまでも参考値としてお考え下さい。

ダイハツ トールの査定相場表

トール カスタムG/平成29年/1万km走行/132万円
トール カスタムG SAⅡ/平成28年/1万km走行/131万円
トール カスタムG SAⅡ/平成29年/1万km走行/125万円
トール カスタムG SAⅡ/平成29年/1万km走行/125万円
トール カスタムG/平成29年/2万km走行/120万円
トール カスタムG ターボ SAⅡ/平成29年/1万km走行/116万円
トール カスタムG ターボ SAⅡ/平成29年/1万km走行/116万円
トール カスタムG SAⅡ/平成29年/1万km走行/114万円
トール カスタムG SAⅡ/平成29年/1万km走行/113万円
トール カスタムG SAⅡ/平成28年/1万km走行/113万円
トール カスタムG SAⅡ/平成29年/2万km走行/112万円
トール X SAⅡ/平成29年/1万km走行/101万円
トール X SAⅡ/平成28年/2万km走行/100万円
トール X SAⅡ/平成28年/2万km走行/100万円
トール G/平成29年/1万km走行/89万円

ダイハツ トールのスペック表

ダイハツ・トール M900S/M910S型

■販売期間/2016年11月9日-
■乗車定員/5名
■ボディタイプ/5ドアトールワゴン
■エンジン/1KR-FE型:996cc 直列3気筒DOHC 1KR-VET型:996cc 直列3気筒DOHCターボ
■駆動方式/前輪駆動 四輪駆動(ターボ車は未設定)
■最高出力/1KR-FE型: 51kW (69PS)/6,000rpm 1KR-VET型: 72kW (98PS)/6,000rpm
■最大トルク/1KR-FE型:92N・m (9.4kgf・m)/4,400rpm 1KR-VET型:140N・m (14.3kgf・m)/2,400-4,000rpm
■変速機/CVT
■サスペンション/前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング 後:トーションビーム式コイルスプリング(2WD)後:トレーリングリンク車軸式コイルスプリング(4WD)
■全長/3,700mm(X、G)3,725mm(カスタムG、カスタムGターボ)
■全幅/1,670mm
■全高/1,735mm
■ホイールベース/2,490mm
■車両重量/1,070-1,130kg
■ブレーキ/前:ベンチレーテッドディスク 後:リーディング・トレーリング
■姉妹車/トヨタ・ルーミー トヨタ・タンク スバル・ジャスティ

 

車種別の査定相場情報を大公開

その他の車種の中古車査定相場を知りたい方はコチラ

 

中古車査定サイトのおすすめランキング

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコムの特徴

●リンク先:中古車買取ドットコムはコチラ
●情報入力後に概算価格を提示してくれる

●入力項目:最低入力4項目(約22秒)
●年間実績数:約5万件
●年間問合せ数:約20万件
電話だけでの査定も行えるので非常に簡単

車簡単査定ガイド

車簡単査定ガイドの特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:9項目(約70秒)
●年間実績数NO.1:約35万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:不可

カーセンサー

カーセンサーの特徴

●ネームバリューと認知度の高さから、ユーザーからの信頼感は◎
●提携会社No.1:約1000社
●入力項目:17項目(約3分)
●最大査定依頼社数:30件
●査定会社選択:可能

ズバット車買取

ズバット車買取の特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:7項目(約45秒)
●年間実績数NO.1:約18万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

楽天オート

楽天オート

●認知度の高さから、利用者増
●バイクにも対応
●入力項目:11項目(約90秒)
●申し込み・成約で楽天ポイントがもらえる
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能