テリオスキッド|査定相場を大公開

テリオスキッド|査定相場を大公開

テリオスキッド|中古車査定相場

テリオスキッド 査定

テリオスキッドについて

小型乗用車のテリオスの軽自動車モデルとして1998年から2012年まで販売された。
姉妹車である乗用車「テリオス」の名前の由来は、古いギリシャ語で「願いを叶える」の意であり、その「子供」「若者」の意味で「キッド」と名付けられた。
その他にも派生車種として「ダイハツ・テリオスルキア」、間接的な派生車種でテリオスの後継車種である「ダイハツ・ビーゴ」、
テリオスキッドの間接的な後継車種としてダイハツ・キャストアクティバがある。

ダイハツ・ミラムーブのフルモデルチェンジとともに販売が開始され、グレードはターボエンジンの「CL」と「エアロダウン」、そして4WDのみの設定だったが、
後に2WDが追加となり、2006年のマイナーチェンジ以降の最終的なグレードは「カスタムX」・「カスタムL」・「L」の3グレードとされている。(駆動方式はフロア式の5速MTと4速ATを設定。)
上位グレードのカスタムXには、ABS、ドアミラーターンランプ、キーフリーシステムを標準装備している。カスタムLとLの4WD車にのみMT車の設定がある。同車は、軽自動車の5ドアクロスカントリーモデル。軽自動車でありながら15インチサイズの大型ホイールを装着し、走破性とユーティリティを両立する優秀な車だ。5ドアボディとフルタイム4WDが設定されており、当時は軽SUV自動車で5ドアのボディを持つのはテリオスキッドのみとされていた。

発売してから2年経った2000年に1度目のマイナーチェンジを行い、内外装の改良を実施した。4灯式マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(ポジションランプを内蔵)を採用し、フロント周りとメーターパネルを標準装備とカスタムで差別化を行った。安全性を高めるために衝突安全ボディの性能強化、インテリアに「SOFI」(安全インテリア)を導入した。
オプション設定で、下位グレードを除く全グレードにEBD付ABSを追加、また5MT車にはクラッチスタートシステムも装備した。
マイナーチェンジに伴いグレードも「CLカスタム」から「CLリミテッド」、「エアロダウン」から「エアロダウンカスタムX」に変更した。価格を抑えつつも、「CLカスタム」では電動格納式アスフェリックカラードドアミラー、マルチリフレクターハロゲンフォグランプ、アルミホイールを取り入れた。「エアロダウンカスタムX」には、AM/FM付ハイグレードステレオフロントスピーカーを装備している。
2006年8月のマイナーチェンジで全車インタークーラー付きのEF-DET型全車EF-DET型に統一されたが、以前はインタークーラーのないEF-DEM型の2タイプがあり、後者にはボンネットにダクトが設けられていた。ボディカラーに新色「アクアブルーメタリックオパール」を追加し、グレード毎のカラーラインアップを全て統一した。エンジンをインタークーラーターボエンジンに統一・また、ウィンタースポーツブランドとコラボレーションした「キスマーク」シリーズの廃止に伴いグレード体系も見直され、「カスタムX」・「カスタムL」・「L」の3グレードに集約された。この際2WD車は4ATのみの販売となった。テリオスキッドは現在では生産・販売共に終了しており、軽SUVとしては後継モデルはまだ発売されていない。
ただし、間接的な後継車両として2015年に発売されたダイハツ・キャスト アクティバが挙げられており、こちらも幅広い年齢層から支持を得ている。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

テリオスキッドの査定相場事情

1998年に発売されてから販売が終了する2012年まで、大きくフルモデルチェンジすることなく一部の改良とマイナーチェンジのみだったテリオスキッド。
査定相場はモデルチェンジによって大きく左右されるため、この差は大きい。軽自動車でありながらSUVという斬新なスタイルで登場した同車。発売当初は4WDのみ、かつグレードも2つしかなく試験的に販売されたと思われるが、今までになかった斬新なスタイルが受け入れられ、一躍ロングセラーに。
2002年には2WDが追加となり、後に3グレードで発売されるようになった。初めはテリオスの軽規格の車として企画・発売されたテリオスキッドだったが、「軽自動車で機能性の高いSUVに乗りたい」といった一見相反する要望に応えた結果、一躍人気車種となった。テリオスキッドは、もはや姉妹車のテリオスとは異なったジャンルとして、大きく進化を遂げたといえるだろう。前述した、ダイハツにより2015年に発売したキャスト・アクティバが多くのファンから高い支持を得ていることから見ても、
軽のSUV需要はまだまだ高いと見られる。販売終了となった今でも根強い人気を誇っており、中古車需要も高いテリオスキッド。大きなモデルチェンジもないため、走行距離と年式によってはまだまだ高額買取の余地があるといえる。10年以内、1年に1万km走行内であれば、一度査定をしてみる価値がありそうだ。もちろん10年10万km以上でも業者によっては値段のつく場合も多い。

ツーサテの査定相場について

本サイトにおける査定相場は、過去の査定実績をもとに算出しているものであり、決して査定額を保証するものではありません。

査定時期による相場変動、年式・走行距離や車両の状態に応じて査定額は変動するものです。

また、査定会社によっても査定基準は異なりますので、あくまでも参考値としてお考え下さい。

テリオスキッドの査定相場表

テリオスキッド カスタム L/平成22年/6〜7万km/38万円
テリオスキッド カスタム X/平成22年/3〜4万km/34万円

テリオスキッド カスタム L/平成21年/9〜10万km/5万円
テリオスキッド カスタム L/平成21年/10〜11万km/10万円
テリオスキッド カスタム メモリアルエディション/平成21年/3〜4万km/27万円

テリオスキッド カスタム メモリアルエディション/平成20年/5〜6万km/11万円
テリオスキッド カスタム メモリアルエディション 4WD/平成20年/8〜9万km/22万円

テリオスキッド カスタム X/平成19年/5〜6万km/14万円
テリオスキッド カスタム X/平成19年/8〜9万km/6万円
テリオスキッド カスタム X/平成19年/9〜10万km/5万円
テリオスキッド L 4WD/平成19年/8〜9万km/10万円
テリオスキッド L/平成19年/13〜14万km/5万円
テリオスキッド カスタム L/平成19年/10〜11万km/5万円
テリオスキッド カスタム L 4WD/平成19年/8〜9万km/10万円

テリオスキッド カスタム L/平成18年/5〜6万km/6万円
テリオスキッド カスタム L/平成18年/10〜11万km/5万円
テリオスキッド L/平成18年/8〜9万km/6万円
テリオスキッド L 4WD/平成18年/7〜8万km/15万円
テリオスキッド キスマークX/平成18年/7〜8万km/9万円
テリオスキッド キスマークX/平成18年/11〜12万km/5万円
テリオスキッド (ベースグレード) /平成18年/10〜11万km/5万円

テリオスキッド キスマーク/平成17年/8〜9万km/5万円
テリオスキッド キスマークX 4WD/平成17年/7〜8万km/14万円
テリオスキッド カスタム L/平成17年/7〜8万km/5万円
テリオスキッド カスタム L 4WD/平成17年/6〜7万km/9万円
テリオスキッド カスタム X 4WD/平成17年/7〜8万km/6万円
テリオスキッド L/平成17年/10〜11万km/5万円
テリオスキッド X/平成17年/8〜9万km/16万円

テリオスキッドのスペック表

ダイハツ・テリオスキッド J111/131G型

■販売期間/1998年10月 – 2012年5月
■乗車定員/4人
■ボディタイプ/5ドアSUV
■エンジン/EF-DEM型 659cc 直3 DOHC ターボ
■EF-DET型 659cc 直3 DOHC IC付きターボ
■駆動方式/FR/4WD
■変速機/5MT / 4AT
■サスペンション/前:ストラット 後:5リンク
■全長/3,395mm
■全幅/1,475mm
■全高/1,675mm-1,740mm
■ホイールベース/2,420mm
■車両重量/960kg-990kg
■生産台数/17万3526台(テリオスルキア含む)
■後継/ダイハツ・キャストアクティバ

 

車種別の査定相場情報を大公開

その他の車種の中古車査定相場を知りたい方はコチラ

 

中古車査定サイトのおすすめランキング

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコムの特徴

●リンク先:中古車買取ドットコムはコチラ
●情報入力後に概算価格を提示してくれる

●入力項目:最低入力4項目(約22秒)
●年間実績数:約5万件
●年間問合せ数:約20万件
電話だけでの査定も行えるので非常に簡単

車簡単査定ガイド

車簡単査定ガイドの特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:9項目(約70秒)
●年間実績数NO.1:約35万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:不可

カーセンサー

カーセンサーの特徴

●ネームバリューと認知度の高さから、ユーザーからの信頼感は◎
●提携会社No.1:約1000社
●入力項目:17項目(約3分)
●最大査定依頼社数:30件
●査定会社選択:可能

ズバット車買取

ズバット車買取の特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:7項目(約45秒)
●年間実績数NO.1:約18万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

楽天オート

楽天オート

●認知度の高さから、利用者増
●バイクにも対応
●入力項目:11項目(約90秒)
●申し込み・成約で楽天ポイントがもらえる
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能