ルノー・トゥインゴ|査定相場を大公開

ルノー・トゥインゴ|査定相場を大公開

ルノー・トゥインゴ|査定相場を大公開

ルノー・トゥインゴ|車・中古車の査定相場

ルノー・トゥインゴはフランスの自動車メーカー・ルノーが1992年から現在にかけて製造・販売している小型乗用車だ。同社が販売していたハッチバック型量産車・ルノー4の販売終了と共に販売が開始されたため、事実上の後継車種とされている。発売当事日本ではまだルノーの正規輸入が行われておらず、並行輸入のみで取り扱われていたが、注目度は決して低くはなかった。

2007年に2代目へとモデルチェンジした際に、日本仕様の正規輸入が開始され、右ハンドルで1.2L自然吸気クイックシフト5の「QS」と1.2Lターボ5MTの「GT」の2種類で展開された。次いでサーキット走行を想定したルノースポールが発売され、瞬く間に人気車種となった。

2014年には現行モデルの3代目へと生まれ変わり、日本仕様車は2016年に正式輸入されることとなった。4グレードで展開し、上位モデルから「GT(MT/EDC)」、「インテス キャンバストップ」、「インテンス」、「ゼンMT」となっている。エントリーモデルの「ゼン」はシンプルな設計となっており、自然吸気エンジンと5速MTトランスミッションの軽快な走りを特徴としている。「インテンス」のエンジンはターボチャージャー付とし、トランスミッションは6速EDCとして、さらに操作性と走行性能を向上させている。また、ホイールには15インチアロイホイール’ARGOS’を採用するなど、フレンチデザインを一層際立たせている。さらに「インテンスキャンバストップ」は、天井にサンルーフを設置し、より解放感のある室内空間を演出している。そして「GT」モデルには、コーナリングランプ機能付きフロントフォグランプやオートライト機能、VGRS(バリアブルギアレシオステアリング)などを搭載し、より走りに特化した装備を搭載している。

スタイリッシュなデザインが特長的で、ルノーエンブレムから左右ヘッドライトに繋がるブラックガーニッシュで個性を表現し、その下にはLEDランプを配置して、可愛らしくも先進的なデザイン性を印象付けている。また、フロントからテールにかけて引かれたショルダーラインが印象的で、一目見ただけでトゥインゴだと分かる斬新なデザインとなっている。

インテリアデザインも魅力的で、美意識の高いパリの人々をも納得させている。フロントウィンドウは大きく、コックピッドからの視野を広げているほか、ステアリングホイールとメーターは差し色を使用してスタイリッシュかつスポーティに仕上がっている。ヘッドレスト一体型のシートを採用しており、斬新なデザインでありながらも非常に高い機能性と乗り心地を誇っている。インテリアカラーはボディカラーに合わせた3色で展開している。

走行性能も秀逸で、トゥインゴのためだけに再設計された0.9Lターボ3気筒エンジンと6速EDC、1.0L 3気筒自然吸気エンジンと5速MTを採用しており、どちらも燃費消費率とパフォーマンスのバランスが取れた優れたパワートレインとなっている。

その他、環境に気遣ったエコモードやアイドリングストップ機能も搭載しており、燃費消費率は21.7km/Lという優れた数字を記録している。

デザイン性が高いだけでなく、実用性や走行性能に富んだフランスを代表する人気車種・ルノー・トゥインゴ。以下に査定相場の傾向と相場表を記載してるので、是非参考にしてほしい。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

ルノー・トゥインゴの査定相場事情

ルノートゥインゴはその高いデザイン性とコンパクトカーとしての取り回しの良さから、女性ユーザーをはじめとした幅広い層から人気を集めている。個性を表現した斬新なショルダーラインやフロントフェイスが印象的で、遠目から見てもトゥインゴだとわかる個性を表している。

中古車市場でも人気が高く、3代目の現行モデルや、スポーツ性の意匠を凝らしたモデル・スポールに人気が集中している。現行モデルで人気のグレードはスポーティ仕様のGTで、次いで上位グレード順にインテンス、ゼンと続く。2代目にモデルチェンジした際に、その高いデザイン性から女性を中心に人気に火がついた経緯もあり、初代(日本は並行輸入のみ)はほとんど値段が付かないのが現状だ。2代目であっても年式が古いものや走行距離が長いものは、スポールなどの人気モデル以外であれば難しい。

自動車業界では主流となりつつある自動ブレーキシステムが未だ搭載されていないなど、改良の余地がある車種ともいえるため、近々モデルチェンジするのではという噂も飛び交っている。売却を検討している人は売却時期を見極める必要があるだろう。

ルノー・トゥインゴの査定相場表

トゥインゴ GT/平成29年式/1万km走行/110万円

トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール/平成24年式/7万km走行/45万円

トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール/平成23年式/6万km走行/32万円

トゥインゴ ベースグレード/平成22年式/6万km走行/5万円以下

トゥインゴ GT/平成21年式/8万km走行/5万円以下
トゥインゴ ベースグレード/平成21年式/6万km走行/5万円以下

ルノー・トゥインゴのスペック表

トゥインゴ(初代)

■販売期間/1992-2007年
■乗車定員/4名
■ボディタイプ/3ドアハッチバック
■エンジン/1.0/1.2L I4
■駆動方式/FF
■全長/3,430mm
■全幅/1,630mm
■全高/1,420mm
■ホイールベース/2,345mm
■車両重量/790kg
■先代/ルノー・4

トゥインゴ II(2代目)

■販売期間/2007-2014年
■乗車定員/4名
■ボディタイプ/3ドアハッチバック
■エンジン/
ガソリン:1.2/1.6L I4
ディーゼル:1.5L I4

■駆動方式/FF
■全長/3,600mm
■全幅/1,655mm
■全高/1,470mm
■ホイールベース/2,365mm
■車両重量/1,000kg

ルノー・トゥインゴ III(3代目)

■販売期間/2014年-
■乗車定員/4名
■ボディタイプ/5ドアハッチバック
■エンジン/0.9/1.0L I3
■駆動方式/RR
■変速機/
5MT
6DCT

■全長/3,590mm
■全幅/1,640mm
■全高/1,550mm
■ホイールベース/2,490mm
■姉妹車/
スマート・フォーツー
スマート・フォーフォー

車種別の査定相場情報を大公開

その他の車種の中古車査定相場を知りたい方はコチラ

中古車査定サイトのおすすめランキング

第1位:中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコムの特徴

●リンク先:中古車買取ドットコムはコチラ
●情報入力後に概算価格を提示してくれる

●入力項目:最低入力4項目(約22秒)
●年間実績数:約5万件
●年間問合せ数:約20万件
電話だけでの査定も行えるので非常に簡単

第2位:車簡単査定ガイド

車簡単査定ガイドの特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:9項目(約70秒)
●年間実績数NO.1:約35万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:不可

第3位:カーセンサー

カーセンサーの特徴

●ネームバリューと認知度の高さから、ユーザーからの信頼感は◎
●提携会社No.1:約1000社
●入力項目:17項目(約3分)
●最大査定依頼社数:30件
●査定会社選択:可能

第4位:ズバット車買取

ズバット車買取の特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:7項目(約45秒)
●年間実績数NO.1:約18万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

第5位:楽天オート

楽天オートの特徴

●認知度の高さから、利用者増
●バイクにも対応
●入力項目:11項目(約90秒)
●申し込み・成約で楽天ポイントがもらえる
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能