ミニカ|査定相場を大公開

ミニカ|査定相場を大公開

ミニカ|車・中古車の査定相場

ミニカ 査定

ミニカは、三菱自動車初の軽乗用車として1962年に発売された。
乗用車のみの登場であったが、1968年に初のモデルチェンジが行われた際に、商用車タイプのバンが発売された。
2007年にセダンタイプの乗用車が廃止されることとなり、ミニカの販売が終了となる2011年までバンのみが残る形となった。

その歴史は古く、ミニカは軽自動車の商標として最も長い49年という歳月を、幅広い層から支持されてきた超ロングセラー車種だ。
オーソドックスな見た目と堅実な性能で、特に目立った特長はないものの、シンプルな造りだからこそ長年愛用されてきたといえる。
軽量なボディと手が出しやすい価格設定のため、主婦層や高齢者層のセカンドカーとして、また法人営業車として幅広い場面で活躍した。
次第に普段使いの乗用車から商用利用車へとシフトチェンジし、街では5ナンバーよりも4ナンバーを見かける機会が増えたことだろう。

三菱・360を基調としており、初代ではドライブレーンやプレスはほぼ同様のものを使用していた。
駆動方式も共通で、当時では珍しいフロントエンジを利用していたため、トランクルームのスペースを広く確保することができた。
2代目からは商用タイプが発売され、1998年に7度目のフルモデルチェンジが行われ8代目ミニカとなり、その後大きなモデルチェンジをすることはなかった。

発売当初は後輪駆動車(FR)のみを生産していたが、5代目からは居住性の悪さを改善するために前輪駆動車(FF)の販売に変更した。
元々のメインユーザーである地方在住・保守層に配慮し、「FRからFFに変更することは当分の間考えていない」と当時の経営者インタビューで語られていたが、
競合車スズキ・アルトの売れ行き好調や、時代の流れが追い風となったことが理由として挙げられる。
タイヤを出来るだけ四隅に追いやる事で広い室内空間を確保し、その居住性は5代目以降も受け継がれることとなった。
また、5代目からはミニカ史上初のパートタイム4WDを追加しし、ターボエンジンや12インチフロントディスクブレーキが標準装備となった。
商用利用が多く、雪道や砂利道などの悪路や坂道走行が可能となったことから、4WD利用者は大幅に増加していった。
“堅実だが凡庸”というイメージを持つミニカだが、改良の度に使用者の声を取り入れ、
見えない部分・目立たない箇所に使用者を思いやった配慮がなされている点もロングセラーとなった理由の1つだ。

軽自動車の規格変更のため、最後のモデルチェンジとなる8代目が1998年に発売された。
初代の直線的なラインを取り入れ、シンプルかつ新規格に対応したデザインとなった。
その後、軽自動車の流行が室内空間のより広いトールワゴンへと移行したことによりミニカの販売量は低迷していき、
2011年に半世紀にも渡る長い歴史の幕を閉じることとなる。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

ミニカの査定相場事情

1962年に発売された初代モデルからなんと49年もの間、大衆車として乗用も商用も広く利用されてきたミニカ。
地味なイメージを持つ人も多いが、そのアピールポイントは何といってもシンプルで飽きのこないデザインと堅実さだ。
7度に渡ってフルモデルチェンジし、さらにその間もマイナーチェンジや一部改良を幾度となく行い、ユーザーの声を真摯に受け止め取り入れてきたミニカ。
そんな同車だからこそ長年広い層から支持を受け、愛用されてきたと言えるだろう。
商用車が発売されてからは4WDの売れ行きが大きく、中古車市場でも4WDが多く出回っている。
指摘されていた居住性や快適性などを、駆動方式をFRからFFにすることや、室内空間を確保する工夫を行ったことでクリアし、大柄な男性でも快適に乗りこなせる仕様となった。
初代の角ばったデザインから最終型にかけて、ボディは少し丸みを帯びたラインとなり、ドアは2ドアから3/5ドアハッチバック型へと変更になり、実用性も向上している。

登場こそ乗用車だったが、2007年6月までの販売比率では内7割以上が商用売上であった。
軽セダンの市場不振も相まって乗用タイプの販売台数が減少したことを受けて、セダン(乗用)シリーズを先に販売終了する運びとなった。

時代の流れによって現在は乗用・商用車共に生産・販売を終了してしまったが、まだまだ法人車として街で見かけることも多い車種だ。
中古車市場の価値だが、大衆車として広く出回っていたため、希少性が薄く、年式が比較的新しいものでも値段が付き辛いのが現状だ。
一例に過ぎないが、現在2011年式の3万km走行で5万円の査定額であり、比較的厳しい評価となっており、今後も査定額は下がり続ける傾向にある。
また前述した通り、現在の流行が室内空間の広いトールワゴンとなっているため、需要の少なさがうかがえる。
供給とのバランス的にも高額買取の可能性は比較的低いといっていいだろう。
状態によっては廃車費用がかかる場合もあるため、走行距離と年式を確かめた上で現在の適正価格を探っていきたい。

ツーサテの査定相場について

本サイトにおける査定相場は、過去の査定実績をもとに算出しているものであり、決して査定額を保証するものではありません。

査定時期による相場変動、年式・走行距離や車両の状態に応じて査定額は変動するものです。

また、査定会社によっても査定基準は異なりますので、あくまでも参考値としてお考え下さい。

パジェロミニの査定相場表

ミニカ ライラ/平成23年式/3万km走行/5万円
ミニカ ライラ/平成23年式/5万km走行/5万円以下

ミニカ ライラ バン/平成22年/2万km/5万円以下
ミニカ ライラ/平成22年式/4万km走行/5万円以下
ミニカ ライラ/平成22年式/6万km走行/5万円
ミニカ ライラ/平成22年式/7万km走行/5万円以下
ミニカ ライラ/平成22年式/7万km走行/3万円以下
ミニカ ライラ/平成22年式/8万km走行/5万円以下
ミニカ ライラ/平成22年式/11万km走行/3万円以下

ミニカ ライラ/平成21年式/3万km走行/5万円以下
ミニカ ライラ/平成21年式/8万km走行/5万円以下
ミニカ ライラ/平成21年式/8万km走行/3万円以下

ミニカ ライラ/平成20年式/4万km走行/3万円以下
ミニカ ライラ/平成20年式/5万km走行/5万円以下
ミニカ ライラ/平成20年式/6万km走行/5万円以下
ミニカ ナッティ/平成20年式/12万km走行/3万円以下

ミニカ ライラ/平成19年式/2~3万km走行/5万円以下
ミニカ ライラ/平成19年式/4万km走行/3万円以下

ミニカ ヴォイス/平成18年式/3万km走行/3万円以下

ミニカ ヴォイス/平成17年式/2~3万km走行/5万円以下
ミニカ ヴォイス/平成17年式/4万km走行/5万円以下
ミニカ ライラ/平成17年式/6万km走行/5万円以下
ミニカ ライラ/平成17年式/10万km走行/3万円以下

ミニカ ライラ/平成16年式/6万km走行/3万円以下
ミニカ ライラ/平成16年式/7万km走行/3万円以下

ミニカ Pj/平成15年式/5万km走行/3万円以下
ミニカ Pc/平成15年式/6万km走行/3万円以下

ミニカ (ベースグレード) /平成14年/9万km走行/5万円以下

ミニカ タウンビーG/平成13年式/6万km走行/3万円以下
ミニカ ライラ バン/平成13年/10万km走行/5万円以下

ミニカ Ce/平成12年/4万km走行/5万円以下

ミニカ (ベースグレード)/平成11年/6万km走行/5万円以下
ミニカ (ベースグレード) /平成11年/7万km走行/5万円以下
ミニカ タウンビー/平成11年/9万km走行/5万円以下
ミニカ (ベースグレード) /平成11年/15万km走行/5万円以下

ミニカ Pg/平成10年/8〜9万km走行/5万円以下

ミニカ Pj/平成7年式/9万km走行/3万円以下

ミニカのスペック表

三菱・ミニカ(初代)

■販売期間/1962年 – 1969年
■乗車定員/4人
■ボディタイプ/2ドアノッチバックセダン 2ドアピックアップトラック(ミニカピック)
■駆動方式/FR
■サスペンション/前:ウィッシュボーン+横置きリーフスプリング独立懸架 後:半楕円リーフスプリング・固定軸
■全長/2995mm
■全幅/1295mm
■全高/1345mm
■ホイールベース/1900mm
■車両重量/490kg
■ベース車/三菱・360

三菱・ミニカ70(2代目)

■販売期間/1969年 – 1981年
■乗車定員/4人
■ボディタイプ/3ドアハッチバック 3ドアライトバン
■駆動方式/FR
■全長/2995mm
■全幅/1295mm
■全高/1345mm
■ホイールベース/2000mm
■車両重量/455kg

三菱・ミニカF4
三菱・ミニカ5(3代目)

■販売期間/1972年 – 1977年
■乗車定員/4人
■ボディタイプ/2ドアセダン(リアガラスハッチ付)
■駆動方式/FR
■全長/2995mm(前期)3130mm(後期)
■全幅/1295mm(前期)1395mm(後期)
■全高/1315mm
■ホイールベース/2000mm
■車両重量/515kg(前期)
■540kg(後期)

三菱・ミニカアミ55(4代目)

■販売期間/1977年 – 1984年
■乗車定員/2-4人
■ボディタイプ/2ドアセダン(アミ55/アミL)(リアガラスハッチ付) 3ドアハッチバック(エコノ)
■駆動方式/FR
■全長/3175mm
■全幅/1395mm
■全高/1315mm(アミ55)1345mm(アミL)
■ホイールベース/2000mm(アミ55)2050mm(アミL)
■車両重量/565kg

三菱・ミニカ(5代目)

■販売期間/1984年 – 1989年
■デザイン/アルド・セッサーノ
■乗車定員/4人
■ボディタイプ/3/5ドアハッチバック
■駆動方式/FF/4WD
■全長/3,195 mm
■全幅/1,395 mm
■全高/1,420 mm
■ホイールベース/2,260 mm
■車両重量/580 kg

三菱・ミニカ(6代目)

■販売期間/1989年 – 1993年
■乗車定員/2-4人
■ボディタイプ/3/4/5ドアハッチバック 3ドア軽トールワゴン
■エンジン/3G81/3G83直列3気筒SOHC 3G81/3G83直列3気筒DOHC15バルブ 3G81/3G83直列3気筒DOHC15バルブICターボ
■駆動方式/FF/HCU式フルタイム4WD
■変速機/4MT/5MT/3AT
■サスペンション/前 ストラット 後 3リンク
■全長/3195-3295mm
■全幅/1395mm
■全高/1465-1515mm
■ホイールベース/2260mm
■車両重量/560-750kg

三菱・ミニカ(7代目)

■販売期間/1993年 – 1998年
■乗車定員/1-4人
■ボディタイプ/3/5ドアハッチバック 3/4ドア軽トールワゴン
■エンジン/3G83直列3気筒SOHC 4A30直列4気筒SOHC16バルブ 4A30直列4気筒DOHC20バルブICターボ
■駆動方式/FF/フルタイム4WD
■変速機/4MT/5MT/3AT/4AT
■サスペンション/前 ストラット 後 3リンク/5リンク
■全長/3295mm
■全幅/1395mm
■全高/1475-1505mm
■ホイールベース/2280mm
■車両重量/590-780kg

三菱・ミニカ(8代目)

■販売期間/
セダン:1998年10月-2007年6月
バン:1998年10月-2011年6月
■乗車定員/2-4人
■ボディタイプ/3/5ドアハッチバック
■エンジン/3G83直列3気筒SOHC
■駆動方式/FF/フルタイム4WD
■変速機/4MT/5MT/3AT/4AT
■サスペンション/前 ストラット 後 3リンク
■全長/3395mm
■全幅/1475mm
■全高/1475-1510mm
■ホイールベース/2340mm
■車両重量/680-790kg
■別名/三菱・ピスタチオ

 

中古車査定サイトのおすすめランキング

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコムの特徴

●リンク先:中古車買取ドットコムはコチラ
●情報入力後に概算価格を提示してくれる

●入力項目:最低入力4項目(約22秒)
●年間実績数:約5万件
●年間問合せ数:約20万件
電話だけでの査定も行えるので非常に簡単

車簡単査定ガイド

車簡単査定ガイドの特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:9項目(約70秒)
●年間実績数NO.1:約35万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:不可

カーセンサー

カーセンサーの特徴

●ネームバリューと認知度の高さから、ユーザーからの信頼感は◎
●提携会社No.1:約1000社
●入力項目:17項目(約3分)
●最大査定依頼社数:30件
●査定会社選択:可能

ズバット車買取

ズバット車買取の特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:7項目(約45秒)
●年間実績数NO.1:約18万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

楽天オート

楽天オート

●認知度の高さから、利用者増
●バイクにも対応
●入力項目:11項目(約90秒)
●申し込み・成約で楽天ポイントがもらえる
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能