レクサスLX|査定相場を大公開

レクサスLX|査定相場を大公開

レクサスLX|査定相場を大公開

レクサスLX|車・中古車の査定相場

レクサスLXはトヨタの高級ブランド・レクサスが展開しているフラッグシップSUVだ。初代から3代目までは海外専用モデルとして販売されており、トヨタの大型クロスカントリー車種・ランドクルーザーをベースに製造された。初代では、レクサスLX専用デザインのフロントグリル、ヘッドライド、バンパー、ホイールを擁し、ランドクルーザーとの差別化を図ったが、エンジンやトランスミッションも同一としており、ランドクルーザーの陰に隠れてしまったことは否めない。

1998年に2代目に生まれ変わり、差別化が図れなかった初代の反省点を踏まえて、本木目パネルやパワーシートなどといった上級装備を惜しむことなく搭載するなど、最高級SUVの形を形成していくこととなった。

そして2007年に再度フルモデルチェンジを果たし現行モデルの3代目となったレクサスLX。以降も海外専用モデルとして活躍したが、2015年8月のマイナーチェンジを機に満を侍して日本仕様車が発売されることとなった。レクサスのSUVは、これまでにエントリーモデルのNX、上位モデルのRXがラインナップにあり、LXが追加されたことによって3種類のシリーズ展開となった。

日本仕様はV型8気筒5.7エンジンを擁するLX570のみの設定となっており、桁外れの走破性と走行性、質感を誇るまさに最高級フラッグシップモデルとして誕生した。

エクステリアは別格のラグジュアリーを醸し出しており、見る人にSUVの力強さと大人の洗練されたイメージを抱かせる。フロントマスクは下部に厚みを持たせており、車両安定性を思わせるデザインとなっている。また、伸びやかでシャープなシルエットからは躍動感が感じられ、高い走行性能を彷彿させることだろう。

一歩室内に踏み入れると、そこには本物だけが許される至高の空間が広がっている。細部の素材一つ一つに拘り、金属や革、本木目など、あらゆる素材を匠の技術によって違和感なく組み合わせている。
また、注目したいのはラグジュアリー性だけではなく、SUVとしての実用性の高さだ。ドライバーが運転しやすいように、ディスプレイゾーンとオペレーションゾーンを分離して設計したレクサスインテリアを設計し、よりスムーズな操作を可能としている。また、シートは厚みのある素材で構成しており、ドライバーの身体をしっかりと支え、膝に負担を掛けることなく快適な触感を与えてくれることだろう。

そして何よりもSUVとしての走行性能に言及したい。ランドクルーザー譲りのあらゆる悪路も難なくこなす走行性と走破性を誇るレクサスLXには、様々な機能が搭載されている。たとえばマルチテレインセレクト設定では状況に応じた走行モードが選択でき、それらに応じた駆動力を4輪に最適に分配してくれる優れたシステムとなっている。その他にも、ステアリング操作のみで低速走行が可能なクロールコントロールや、回頭性に優れたターンアシスト機能、スリップした後に走行を立て直すアクティブトラクションコントロール、坂道発進支援機能のヒルスタートアシストコントロール、最大傾斜率44°のアプローチアングル、登坂能力45°のデパーチャーアングルなど優れたオフロード性能も誇っている。

全てにおいて最上級・最高級であり、フラッグシップモデルならではのあらゆる機能を搭載しているレクサスLX。以下に査定相場の傾向と相場表を記載してるので、是非参考にしてほしい。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

レクサスLXの査定相場事情

フラッグシップSUVとして圧倒的な存在感を放つレクサスLX。トヨタ・ランドクルーザーを前身としており、ラグジュアリーで快適な装備を搭載しつつも、十分なオフロード走行を誇っている。グレードはLX570の一種類のみで展開されており、日本仕様が2015年に発売されてから現在にいたるまで、本物志向のユーザーから圧倒的な支持を集めている。

エクステリアはSUVにおけるラグジュアリーを究極に具現化しており、見る人に力強さと洗練された印象を残すことだろう。インテリアには最高級の素材を採用しており、革素材や本木目、金属などを惜しみなく搭載しているほか、機能性を極限まで高めたコックピットや空調システムによるおもてなしなど、フラッグシップSUVに相応しい快適性と、細部に渡る匠の技術が盛り込まれている。

中古車市場でも非常に高額で取り引きされており、年式による値落ちはほとんど見受けられない。グレードも1種類のみのため、走行距離や車の状態によって査定額が決定するといってもいいだろう。買取価格は平均して700~800万円を推移しており、今後いきなり下落するとは考え難い。今後のモデルチェンジや仕様変更などによって、中古車市場にどのように影響が出るのかに注目したいところだ。

レクサスLXの査定相場表

LX LX570/平成30年式/1万km走行/782万円

LX LX570/平成29年式/1万km走行/872万円

LX LX570/平成28年式/1万km走行/734万円
LX LX570/平成28年式/2万km走行/734万円
LX LX570/平成28年式/3万km走行/806万円
LX LX570/平成28年式/4万km走行/720万円
LX LX570/平成28年式/6万km走行/649万円
LX LX570/平成28年式/8万km走行/601万円

LX LX570/平成27年式/2万km走行/782万円
LX LX570/平成27年式/3万km走行/696万円
LX LX570/平成27年式/4万km走行/682万円
LX LX570/平成27年式/5万km走行/730万円

レクサスLXのスペック表

レクサス・LX(初代)

■販売期間/
■ボディタイプ/5ドア SUV
■エンジン/1FZ-FE型 4.5L 直列6気筒 215ps
■駆動方式/AWD
■変速機/4速AT
■サスペンション/4輪コイルリジッド
■全長/4820mm
■全幅/1930mm
■全高/1850mm
■ホイールベース/2850mm
■車両重量/2100kg

レクサス・LX(2代目)

■販売期間/
■ボディタイプ/5ドア SUV
■エンジン/2UZ-FE型 4.7L V型8気筒 275ps
■駆動方式/AWD
■全長/4890mm
■全幅/1940mm
■全高/1850mm
■ホイールベース/2850mm
■車両重量/2535kg

レクサス・LX(3代目)

■販売期間/
海外:2007年 –
日本:2015年9月14日 – (発表:2015年8月20日)

■乗車定員/
8名(2015年8月-)
5名(2017年8月-)

■ボディタイプ/5ドアSUV
■エンジン/LX570:3UR-FE型:5,662cc V型8気筒DOHC
■駆動方式/四輪駆動
■最高出力/LX570:277kW (377PS)/5,600rpm
■最大トルク/LX570:534N・m (54.5kgf・m)/3,200rpm
■サスペンション/
前:ダブルウィッシュボーン
後:トレーリングリンク

■全長/
5,065mm(2015年8月-2017年8月)
5,080mm(2017年8月-)

■全幅/1,980mm
■全高/1,910mm
■ホイールベース/2,850mm
■車両重量/
2,700-2,730kg(2015年8月-2017年8月)
2,660-2,740kg(2017年8月-)

■ブレーキ/
前:ベンチレーテッドディスク
後:ベンチレーテッドディスク

車種別の査定相場情報を大公開

その他の車種の中古車査定相場を知りたい方はコチラ

中古車査定サイトのおすすめランキング

第1位:中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコムの特徴

●リンク先:中古車買取ドットコムはコチラ
●情報入力後に概算価格を提示してくれる

●入力項目:最低入力4項目(約22秒)
●年間実績数:約5万件
●年間問合せ数:約20万件
電話だけでの査定も行えるので非常に簡単

第2位:車簡単査定ガイド

車簡単査定ガイドの特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:9項目(約70秒)
●年間実績数NO.1:約35万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:不可

第3位:カーセンサー

カーセンサーの特徴

●ネームバリューと認知度の高さから、ユーザーからの信頼感は◎
●提携会社No.1:約1000社
●入力項目:17項目(約3分)
●最大査定依頼社数:30件
●査定会社選択:可能

第4位:ズバット車買取

ズバット車買取の特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:7項目(約45秒)
●年間実績数NO.1:約18万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

第5位:楽天オート

楽天オートの特徴

●認知度の高さから、利用者増
●バイクにも対応
●入力項目:11項目(約90秒)
●申し込み・成約で楽天ポイントがもらえる
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能