ファンカーゴ|査定相場を大公開

ファンカーゴ|査定相場を大公開

ファンカーゴ|査定相場を大公開

ファンカーゴ|車・中古車の査定相場

ファンカーゴはトヨタ自動車1999年から2005年にかけて製造・販売していたトールワゴン型小型乗用車だ。同社のコンパクトカーであるヴィッツをベースに開発が進められ、ホイールベースをヴィッツよりもさらに130mm延長した、高身長のワゴンボディとして誕生している。

1997年に東京モーターショーで初めてその姿を公の場に公開し、その際は参考出展扱いであったが、その約2年後に市販モデルとして発売することとなった。「携帯空間」をコンセプトとして1999年に誕生したファンカーゴは、後席の足もとに収納出来るリアシートをセールスポイントとしていた。車名は英語の「fun(楽しい)」と「Cargo(積荷)」を由来としており、ヴィッツ同様の楽しさに加えて、ワゴン車としての積載性能を主張している。販売ディーラーはトヨタカローラ店とトヨタビスタ店(後のネッツトヨタ)のみとなっていた。

発売されてからフルモデルチェンジは行われていないが、年次毎に改良が進められた他、2002年にはマイナーチェンジを行っている。インテリアではインパネデザインが改良され、車内色も見直された。また、エクステリではフロントグリルやヘッドライト、バンパー、リアコンビネーションランプ等に変更を加えており、時代に適応するデザインの採用を図った。特別仕様車を除いてグレードは「G」と「X」のみとしており、マイナーチェンジの際にはそれらのグレードに「ペアベンチバージョン」と「リヤリビングバージョン」を追加設定している。

その後さらに改良が進められ、最後の改良型は2005年に発売となった。エクステリアで特徴的なのは、角張ったノーズ部分だ。同じくヴィッツをベースとした同社のトールワゴン・トヨタbBを彷彿させるようなシャープな造形で、後期型はbBと融合させたようなエクステリアデザインと評されることも多い。

Aピラーを前方に押し出すことによってより個性的なデザインとなり、視認性を確保するために三角窓が設けられている。前期方では比較的特徴の少ないシンプルなデザインを採用していたこともあり、商用車のような雰囲気を纏っていたが、エクステリアデザインの一新で、そのイメージを払拭したといえる。

前期型では床下格納式のリアシートを採用していたが、床面ボードを取り出す不便さもあり、ヴィッツ同様に前倒し操作のみで床下に格納出来るように改良されている。また、助手席側にはダブルフォールディング機構といった、クッション引き上げ式の収納機能を初採用しており、さらに利便性を向上させている。これらにより、より多彩なシートアレンジが可能となったファンカーゴは、サーフボードのような長尺物の積載も可能にし、カーゴの利便性をより印象付けた。

エンジンは燃費性能を重視しており、2SZ型1.3リッターエンジンの10・15モード消費ではおよそ23km/Lを記録するなど、優れた燃費性能を誇っている。

ファンカーゴは発売当初、ヴィッツのワゴンタイプ車として海外市場を視野に販路を拡大していく予定で、一時期ヨーロッパ市場で「トヨタ・ヤリヴァーソ」として販売をしていたものの、欧州ではあまり受け入れられなかったため、国内向け車種としてシフトチェンジしている。

「カーゴ」が意味する通り、利便性を重視して開発が進められたファンカーゴは、ヴィッツファミリー車の中でも比較的大人しい車種として知られているが、決して先進性や快適性を疎かにしているわけではない。フロントウインドウ上から後部座席にかけて広く設定されたパノラマルーフを採用しており、乗員に窮屈感を与えない仕様となっている。また、直射日光を浴びないように電動サンシェードを併設しているため、日差しが強い日でも不快感を感じることなく乗車が可能だ。

売上が伸び悩んだこともあり、2005年に生産・販売共に終了しているファンカーゴ。後継車種は、トヨタカローラ店ではトヨタ・ラクティスとし、ネッツトヨタではトヨタ・bBに統合される形となった。

トヨタのコンパクトカー・ヴィッツのカーゴモデルとして誕生し、さらに利便性を向上させたトールワゴン型小型乗用車・ファンカーゴ。以下に査定相場の傾向と相場表を記載してるので、是非参考にしてほしい。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

ファンカーゴの査定相場事情

人気コンパクトカー・ヴィッツをベースとして誕生し、カーゴの利便性を追加した実用性の高い車種・ファンカーゴ。発売してからわずか6年でその歴史の幕を下ろしており、国内外含め、あまり流通していない車種だといえる。

発売当初は商用車と評されることもあり、あまり印象に残らないエクステリアデザインを採用していたが、年次毎に改良を重ねることによって、よりシャープかつスポーティな印象を強めている。
Aピラーの傾斜を強めることによって、見た人に“速さに特化した走行性”を思わせるデザインとなっている。また、ピラーの傾斜によってドライバーの視認性を損なわないように、サブウインドウの採用も行っている。

搭載している2SZ型1.3リットルと1NZ型1.5リットルエンジンにCVTを組み合わせることによって、従来型と比較して、静粛性や燃費性能、ドライビングフィール全てを向上させている。

欧州での売上が伸び悩んだこともあり、日本国内向けとしてシフトを変更したファンカーゴ。しかし同じく同社のトールワゴンで人気者車種となったbBに人気が集中したこともあり、早くして販売を生産・販売を終了することとなった。後継車種はトヨタカローラ店ではラクティスが、ネッツトヨタではbBに統合される形となった。

中古車市場にはあまり出回らない車種であるものの、中古車販売価格は低いといえる。それもそのはずで最新のモデルで既に13年が経過しており、ほとんど値段が付かないのが現状だ。査定額が付くことが考えられるのは、車検期間がまだ残っている場合がほとんどだ。

たとえ走行距離が短く上位モデルのものであっても査定額に大きく寄与することはないため、ファンカーゴの売却を検討中の人は、もむしろ廃車代で料金がかからない業者を探すことをお勧めする。

ファンカーゴの査定相場表

ファンカーゴ 1.3X/平成17年式/4万km走行/5万円以下

ファンカーゴ 1.3X/平成16年式/14万km走行/5万円以下

ファンカーゴ G/平成15年式/8万km走行/5万円以下
ファンカーゴ 1.3X/平成15年式/9万km走行/5万円以下
ファンカーゴ 1.3X/平成15年式/10万km走行/5万円以下
ファンカーゴ 1.3X リヤリビングバージョン・HIDセレクション/平成15年式/9万km走行/5万円以下
ファンカーゴ Xペアベンチバージョン/平成15年式/5万km走行/5万円以下
ファンカーゴ Xリヤリビングバージョン/平成15年式/10万km走行/5万円以下

ファンカーゴ 1.5X 4WD/平成14年式/10万km走行/5万円以下

ファンカーゴ G/平成13年式/12万km走行/5万円以下
ファンカーゴ G/平成13年式/13万km走行/5万円以下

ファンカーゴ ベースグレード/平成12年式/19万km走行/5万円以下
ファンカーゴ 1.3X/平成12年式/14万km走行/5万円以下
ファンカーゴ 1.3X/平成12年式/3万km走行/5万円以下
ファンカーゴ 1.3X/平成12年式/5万km走行/5万円以下

トヨタ ファンカーゴのスペック表

トヨタ・ファンカーゴ

■販売期間/1999年8月 – 2005年10月
■乗車定員/5人
■ボディタイプ/5ドアトールワゴン
■エンジン/
1NZ-FE型 1.5L 直4 DOHC
2NZ-FE型 1.3L 直4 DOHC

■駆動方式/FF/4WD
■最高出力/
1NZ-FE型
FF車・前期型:81kW (110PS) /6,000rpm
後期型:80kW (109PS) /6,000rpm
4WD車:77kW (105PS) /6,000rpm
2NZ-FE型・前期型:65kW (88PS) 6,000rpm
後期型:64kW (87PS) /6,000rpm

■最大トルク/
1NZ-FE型・FF車・前期型:139N·m (14.2kgf·m) /4,200rpm
後期型:141N·m (14.4kgf·m) /4,200rpm
4WD車:138N·m (14.1kgf·m) /4,200rpm
2NZ-FE型・前期型:123N·m (12.5kgf·m) /4,400rpm
後期型:121N·m (12.3kgf·m) /4,400rpm

■変速機/4速AT
■サスペンション/
前:マクファーソンストラット
後:トーションビーム
4リンク/車軸式-4WD
■全長/3,860-3,880mm
■全幅/1,660-1,665mm
■全高/1,680-1,710mm
■ホイールベース/2,500mm
■車両重量/1,000-1,140kg
■別名/トヨタ・ヤリスヴァーソ(欧州市場)
■先代/
トヨタ・ターセル
トヨタ・カローラII

■後継/
カローラ店:トヨタ・ラクティス
ネッツ店:トヨタ・bBに統合

■プラットフォーム/トヨタ・NBCプラットフォーム

 

中古車査定サイトのおすすめランキング

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコムの特徴

●リンク先:中古車買取ドットコムはコチラ
●情報入力後に概算価格を提示してくれる

●入力項目:最低入力4項目(約22秒)
●年間実績数:約5万件
●年間問合せ数:約20万件
電話だけでの査定も行えるので非常に簡単

車簡単査定ガイド

車簡単査定ガイドの特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:9項目(約70秒)
●年間実績数NO.1:約35万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:不可

カーセンサー

カーセンサーの特徴

●ネームバリューと認知度の高さから、ユーザーからの信頼感は◎
●提携会社No.1:約1000社
●入力項目:17項目(約3分)
●最大査定依頼社数:30件
●査定会社選択:可能

ズバット車買取

ズバット車買取の特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:7項目(約45秒)
●年間実績数NO.1:約18万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

楽天オート

楽天オート

●認知度の高さから、利用者増
●バイクにも対応
●入力項目:11項目(約90秒)
●申し込み・成約で楽天ポイントがもらえる
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能