ランドローバー ディスカバリー|査定相場を大公開

ランドローバー ディスカバリー|査定相場を大公開

ランドローバー ディスカバリー|査定相場を大公開

ランドローバー ディスカバリー|車・中古車の査定相場

ランドローバー ディスカバリーはイギリスの自動車メーカー・ランドローバー社が製造・販売しているラグジュアリーオフロードSUVだ。

同社の代表車種・レンジローバーの下に位置する車種として開発され、初代は1989年に誕生している。最も過酷と言われたオフロードイベント・キャメルトロフィィーのオフィシャルカーとしても採用され、その走行性や走破性の高さに世界中から注目が集まった。

量産が困難であったレンジローバーの設計を教訓に、ランドローバーディズカバリーではパネル割りや組み立ての合理化を行った。それによってコストダウンに成功しており、日本の正規輸入品ではエントリーモデルが299万円~購入可能となり、比較的手の出しやすい輸入SUVとして親しまれた。

1998年に初のフルモデルチェンジを行い2代目へと変貌を遂げたランドローバー ディスカバリー。日本仕様は1999年に発売となっている。初代同様、レンジローバーからの流用パーツはそのままに、ヒルディセントコントロールやエレクトロニックトラクションコントロール、セフルレベリングサスペンションといった先進システムを搭載している。価格はエントリーモデルのSで399万~となっており、先代モデルと比較して少し価格が上昇しているが、あらゆる最新メカを搭載し、その走行性や走破性は上位モデルのレンジローバー並みに生まれ変わったといえる為、納得の販売価格といえよう。

そして2004年(日本では2005年)に、再度フルモデルチェンジを行ったランドローバー ディズカバリーは、オフロード性能をさらに強固なものとする「インテグレーテッド・ボディ・フレーム」という独自のシャシーを採用している。3代目以降からは高級SUVとして世に送り出されており、価格も相応に上昇している。3列目シートにも快適性を損なわない広い室内空間を誇り、居住性をさらに高めている。また、テレイン・レスポンスと呼ばれる、車両コントロールシステムとエアサスを統合して制御するシステムを採用している。

2009年には4代目へと生まれ変わり、エクステリアよりもインテリアに大幅な改良を加えている。よりラグジュアリーな内装を施し、オフロードSUVでありながらも高級車としての快適性をさらに向上させた。

さらに2016年にフルモデルチェンジをし、5代目の現行モデルへと生まれ変わったランドローバー ディスカバリー。丸みを帯びたフロントエンドからは無骨さが無くなり、より上質な雰囲気を醸し出している。また、2018年4月にもマイナーチェンジを行っており、多彩なコネクティビティ機能を追加している。

ウェイドセンシングやテレインレスポンス2オートなどの先進技術を搭載し、あらゆる地形を走り抜くオフロード性能を誇り、オンロードでも安定した走りを実現するために ダイナミックスタビリティコントロールや電動パワーアシストステアリング(EPAS)などのシステムを導入している。インジニウム2.0L4気筒ディーゼルエンジンはフルサイズモデルに初採用となっており、力強く頼もしいパワーを発揮している。

インテリアはよりラグジュアリーに生まれ変わり、プレミアムレザーやウッド&メタル素材を採用し、質感を向上させている。また、電動リクライニングやシートヒーター、パノラミックルーフなどのオプションも設定されており、快適性をさらに高めている。

オンロード・オフロードに関わらず、あらゆる地形を快適に走り抜ける高級SUV・ランドローバー ディスカバリー。以下に査定相場の傾向と相場表を記載してるので、是非参考にしてほしい。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

ランドローバー ディスカバリーの査定相場事情

多様性に富んだ高級オフロードSUVとして、世界中で非常に人気が高い車種・ランドローバー ディスカバリー。

フルサイズ7シートを採用しており、どの列に座っても快適に過ごせる居住性を誇っている。険しい道のりから都会の走行まで、あらゆる道を走破する走破性・走行性とデザイン性を誇っている。初代から数えて現在5代目へと生まれ変わっており、モデルチェンジの度に走行性を向上させているほか、ラグジュアリーSUVとしての位置付けを確実なものとしている。

最新モデルではエントリーグレードが819万円~で、容易には手が出しにくい価格設定となっており、その分中古車市場での人気が非常に高くなっている。特に人気のモデルは4WDのディーゼルエンジン仕様だ。ターボチャージャーとクリーンディーゼルを用いており、力強い走りと燃費・経済性をバランス良く併せ持っている点でも評価が高い。中古車市場に出回る数も比較的少ないため、高額査定が望めることだろう。

今のところ大きなモデルチェンジの情報もないためしばらくは査定額が大きく変動する動きは見受けられないが、もし売却を検討中の人がいれば、走行距離や年式の他にそういった動向にも注意を払っておきたい。

ランドローバー ディスカバリーの査定相場表

ディスカバリー4 HSE/平成29年式/1万km走行/531万円
ディスカバリー4 HSE ディーゼル/平成29年式/1万km走行/579万円

ディスカバリー4 SE/平成28年式/2万km走行/525万円
ディスカバリー4 SE/平成28年式/3万km走行/503万円
ディスカバリー4 SE/平成28年式/4万km走行/493万円

ディスカバリー HSE/平成27年式/3万km走行/406万円
ディスカバリー4 SE/平成27年式/2万km走行/507万円

ディスカバリー SEブラックエディション/平成26年式/7万km走行/296万円
ディスカバリー SE/平成26年式/6万km走行/286万円
ディスカバリー SE/平成26年式/7万km走行/277万円

ディスカバリー4 HSE/平成25年式/3万km走行/279万円
ディスカバリー4 HSE/平成25年式/4万km走行/256万円
ディスカバリー4 SE/平成25年式/4万km走行/260万円

ディスカバリー4 SE/平成24年式/3万km走行/246万円
ディスカバリー4 SE/平成24年式/4万km走行/241万円
ディスカバリー4 SE/平成24年式/5万km走行/234万円
ディスカバリー4 SE/平成24年式/8万km走行/159万円
ディスカバリー4 SEリミテッド/平成24年式/6万km走行/220万円
ディスカバリー4 SEプレミアムエディション/平成24年式/6万km走行/215万円

ディスカバリー4 SE/平成22年式/4万km走行/234万円
ディスカバリー4 SE/平成22年式/5万km走行/230万円

ディスカバリー3 SE/平成21年式/5万km走行/153万円

ディスカバリー3 4S/平成20年式/4万km走行/109万円

ディスカバリー3 SE/平成19年式/12万km走行/39万円
ディスカバリー3 S/平成19年式/3万km走行/100万円

ディスカバリー3 G4チャレンジ/平成18年式/5万km走行/67万円
ディスカバリー3 G4チャレンジ/平成18年式/6万km走行/56万円
ディスカバリー3 G4チャレンジ/平成18年式/14万km走行/25万円
ディスカバリー3 SE/平成18年式/8万km走行/39万円
ディスカバリー3 SE/平成18年式/10万km走行/47万円
ディスカバリー3 4HSE/平成18年式/4万km走行/197万円

ディスカバリー3 S/平成17年式/8万km走行/32万円
ディスカバリー3 SE/平成17年式/5万km走行/74万円

ディスカバリー SE/平成16年式/7万km走行/14万円
ディスカバリー HSE/平成16年式/4万km走行/28万円

ディスカバリー ディスカバリー リミテッド/平成15年式/7万km走行/5万円以下
ディスカバリー HSE/平成15年式/14万km走行/8万円
ディスカバリー SE/平成15年式/7万km走行/12万円
ディスカバリー SE/平成15年式/8万km走行/10万円

ランドローバー ディスカバリーのスペック表

ランドローバー・ディスカバリー(初代)

■販売期間/1989年 – 1998年
■ボディタイプ/5ドアSUV
■エンジン/
2.5L I4
ローバーTシリーズエンジン
2.5L I4 ランドローバーエンジン
ターボディーゼル
3.5L ローバー・V8エンジン
3.9L ローバー・V8エンジン
4.0L ローバー・V8エンジン

■駆動方式/4WD
■変速機/4速AT・5速MT
■全長/4,539 mm (178.7 in)
■全幅/1,793 mm (70.6 in)
■全高/1,966 mm (77.4 in)
■ホイールベース/2,540 mm (100.0 in)
■車両重量/5
■別名/ホンダ・クロスロード

ランドローバー・ディスカバリー3代目

■販売期間/2004年 – 2009年
■ボディタイプ/5ドアSUV
■エンジン/
2.7L V6 フォード・AJDエンジン
4.0L V6 SOHC
4.4L ジャガー・AJ-V8エンジン

■駆動方式/4WD
■変速機/
6速AT
6速MT

■全長/4,849 mm (190.9 in)
■全幅/1,915 mm(75.4 in)
■全高/
2005–2006: 1,882 mm (74.1 in)
2007–2009: 1,892 mm (74.5 in)

■ホイールベース/2,540 mm (100.0 in)
■車両重量/5

ランドローバー・ディスカバリー(4代目)

■販売期間/2009年 -2016年
■乗車定員/7名
■ボディタイプ/5ドアSUV
■エンジン/
ジャガー製 5.0 L V8
ジャガー製 3.0 L V6 スーパーチャージド
フォード製 3.0 L V6 ターボディーゼル
フォード製 2.7 L V6 ターボディーゼル

■駆動方式/4WD
■変速機/
6速AT(2009-2013)
8速AT(2013-)
6速MT

■全長/4,850 mm
■全幅/1,920 mm
■全高/1,890 mm
■ホイールベース/2,885 mm
■車両重量/
2,580kg(2009-2013)
2,550kg(2013-2016)

 

中古車査定サイトのおすすめランキング

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコムの特徴

●リンク先:中古車買取ドットコムはコチラ
●情報入力後に概算価格を提示してくれる

●入力項目:最低入力4項目(約22秒)
●年間実績数:約5万件
●年間問合せ数:約20万件
電話だけでの査定も行えるので非常に簡単

車簡単査定ガイド

車簡単査定ガイドの特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:9項目(約70秒)
●年間実績数NO.1:約35万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:不可

カーセンサー

カーセンサーの特徴

●ネームバリューと認知度の高さから、ユーザーからの信頼感は◎
●提携会社No.1:約1000社
●入力項目:17項目(約3分)
●最大査定依頼社数:30件
●査定会社選択:可能

ズバット車買取

ズバット車買取の特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:7項目(約45秒)
●年間実績数NO.1:約18万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

楽天オート

楽天オート

●認知度の高さから、利用者増
●バイクにも対応
●入力項目:11項目(約90秒)
●申し込み・成約で楽天ポイントがもらえる
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能