デリカバン|査定相場を大公開

デリカバン|査定相場を大公開

デリカバン|車・中古車の査定相場

デリカバン 査定

デリカバンは三菱自動車が販売する小型商用車である。
元々はマツダ「ボンゴ」を競合車と想定して製造されたが、1999年以降は他社からのOEMに切り替えを行い、輸出向け国内生産は2013年で終了している。(※国外生産は現在も継続中)
デリカとは「Delivery Car=荷物を運ぶ車」の略称で、三菱自動車は2011年以降、国内向けミニバン車名をデリカに全て統一している。
商用タイプがデリカバンとして、乗用タイプはデリカD3として販売している。

デリカバン初代の基となっているのが、1968年に発売された「デリカトラック」だ。
翌年に1BOXタイプのライトバンが発売され、当時はクラス最大の積載性と実用性を誇った。

1976年には、デリカバン、デリカトラック共に初のフルモデルチェンジを行い、
直線を基調としたスタイルに変更され、全幅が小型車サイズギリギリにまで拡張された。
以降、一部改良とマイナーチェンジを繰り返し、1986年に2度目のフルモデルチェンジが行われることとなる。
しかし3代目デリカは国の衝突安全基準に適さず、そのための開発費と販売台数が見合わないことから、国内向けの生産を終了することとなる。
以降は輸出専用車両となり、2013年までは国内でも生産していたが、2018年現在では台湾でのみ生産が継続されている。
国内商用車モデルとしては、当初ライバルとして想定していたマツダ「ボンゴ」からOEM供給を受け、4代目デリカバンとして販売を行った。
5代目モデルからは日産「NV200・バネット」のOEM供給車として生まれ変わり、車体のサイズは小さくなったものの、全高を高めに設定することで積載性能はそのままに維持した。
バネットとは、グレード体系と装備品の相違が見られる。
グレードを「DX」と「GX」の2種類のみとし、助手席SRSエアバッグを全グレード標準装備。
また、「GX」ではセカンドシート関連のセットオプションを標準装備としている。

デリカバンは高い積載性能を持ち、商用車ならではの使い勝手の良さが特徴的だ。
空間効率を追求し、重量のある物や背の高い物など、さまざまな荷物に対応している。
セカンドシートの折りたたみ時は1.83mもの空間を確保し、長尺物の積載にも適している。
床面地上高は0.52mと低く、重量物を積み込む際に大変便利で、ビジネスシーンでの活躍が見込める。
積み込み作業効率を上げるために、両側をスライド式としている点も評価できる。

安全性においては、衝突安全ボディを採用し、急ブレーキ時の後輪ロックを防ぐABS、エアバックなどが全車標準装備とされている。
自動ブレーキシステムは未だ搭載されていないが(2018年現在)、OEM供給元の日産自動車では、商用車の「NV100・クリッパー」、「NV350・キャラバン」などで
順次システムの導入がなされていることから、NV200・バネットにも将来搭載されることが期待されており、デリカバンへの供給も近いものと思われる。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

デリカバンの査定相場事情

商用車として高い人気を誇るデリカバン。
元々独自開発を行っていたが、国の安全規定改正により、マツダの「ボンゴ」や日産の「NV200・バネット」からOEM供給を受けて再販されることとなった。
現在はNV200・バネットをOEM供給元としており、その構造や性能はほとんど変わらない。
高い積載性能を誇り、ビジネスシーンでは数多くの企業から愛用されている。
最小回転半径は5.2mであり、狭い路地や縦列駐車などにも対応できる構造となっている。
中古車市場ではデリカバンとしてよりも、OEM供給元のNV200・バネットとして出回る傾向が高い。
比較的に値崩れがし難く、年式よりも走行距離や車両状態によって価格が変動する傾向にある。
主に商用車として愛用されている車だけに、走行距離の伸びや小さな傷やヘコミ・事故歴の有無などには注意したい。

ツーサテの査定相場について

本サイトにおける査定相場は、過去の査定実績をもとに算出しているものであり、決して査定額を保証するものではありません。

査定時期による相場変動、年式・走行距離や車両の状態に応じて査定額は変動するものです。

また、査定会社によっても査定基準は異なりますので、あくまでも参考値としてお考え下さい。

デリカD3の査定相場表

<日産NV200 バネット>
※OEM提供元(参考)

NV200バネットバン 1.6 DX/平成30年/0〜1万km走行/シルバー/132万円

NV200バネットバン 1.6 DX/平成29年/1〜2万km走行/ホワイト/118万円
NV200バネットバン 1.6 VX/平成29年/0〜1万km走行/ホワイト/124万円

NV200バネットバン 1.6 GX/平成28年/0〜1万km走行/ホワイト/126万円

NV200バネットバン 1.6 VX/平成27年/5〜6万km走行/ブラック/77万円
NV200バネットバン 1.6 VX/平成27年/2〜3万km走行/シルバー/102万円
NV200バネットワゴン 1.6X-2R 平成27年式/4万km走行/パール/62万円

NV200バネットバン 1.6 VX/平成26年/3〜4万km走行/グレー/89万円
NV200バネットワゴン 1.6X-2R 平成26年式/3万km走行/黒/75万円
NV200バネットワゴン 1.6X-2R 平成26年式/3万km走行/黒/74万円
NV200バネットワゴン 1.6X-3R 平成26年式/5万km走行/黒/71万円
NV200バネットワゴン 1.6X-3R 平成26年式/3万km走行/黒/66万円

NV200バネットバン 1.6 DX/平成25年/10〜11万km走行/ホワイト/32万円
NV200バネットバン 1.6 DX/平成25年/6〜7万km走行/ホワイト/33万円
NV200バネットワゴン 1.6X-2R 平成25年式/13万km走行/シルバー/19万円
NV200バネットワゴン 1.6X-2R 平成25年式/13万km走行/シルバー/19万円

NV200バネットバン 1.6 VX/平成24年/8〜9万km走行/グレー/43万円
NV200バネットバン 1.6 DX/平成24年/4〜5万km走行/ホワイト/38万円
NV200バネットバン 1.6 GX/平成24年/4〜5万km走行/シルバー/89万円
NV200バネットバン (ベースグレード)/平成24年/11〜12万km走行/シルバー/88万円
NV200バネットワゴン 1.6X-2R 平成24年式/4万km走行/シルバー/50万円

NV200バネットバン 1.6 DX/2011年/平成23年/4〜5万km走行/ホワイト/66万円
NV200バネットバン 1.6 GX/平成23年/11〜12万km走行/ブラック/29万円
NV200バネットバン 1.6 DX/平成23年/10〜11万km走行/シルバー/36万円
NV200バネットワゴン 1.6X-2R 平成23年式/5万km走行/黒/43万円
NV200バネットワゴン 1.6X-2R 平成23年式/13万km走行/シルバー/16万円
NV200バネットワゴン 1.6X-2R 平成23年式/6万km走行/シルバー/43万円

NV200バネットバン 1.6 GX/平成22年/7〜8万km走行/シルバー/32万円
NV200バネットバン 1.6 GX/平成22年/10〜11万km走行/グレー/31万円

NV200バネットバン (ベースグレード)/平成21年/7〜8万km走行/ホワイト/114万円
NV200バネットバン 1.6 GX/平成21年/12〜13万km走行/グレー/24万円
NV200バネットバン 1.6 DX/平成21年/5〜6万km走行/シルバー/57万円
NV200バネットワゴン 1.6S平成21年式/7万km走行/黒/30万円

 

中古車査定サイトのおすすめランキング

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコムの特徴

●リンク先:中古車買取ドットコムはコチラ
●情報入力後に概算価格を提示してくれる

●入力項目:最低入力4項目(約22秒)
●年間実績数:約5万件
●年間問合せ数:約20万件
電話だけでの査定も行えるので非常に簡単

車簡単査定ガイド

車簡単査定ガイドの特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:9項目(約70秒)
●年間実績数NO.1:約35万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:不可

カーセンサー

カーセンサーの特徴

●ネームバリューと認知度の高さから、ユーザーからの信頼感は◎
●提携会社No.1:約1000社
●入力項目:17項目(約3分)
●最大査定依頼社数:30件
●査定会社選択:可能

ズバット車買取

ズバット車買取の特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:7項目(約45秒)
●年間実績数NO.1:約18万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

楽天オート

楽天オート

●認知度の高さから、利用者増
●バイクにも対応
●入力項目:11項目(約90秒)
●申し込み・成約で楽天ポイントがもらえる
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能