カリーナ|査定相場を大公開

カリーナ|査定相場を大公開

カリーナ|査定相場を大公開

カリーナ|車・中古車の査定相場

カリーナはトヨタ自動車が1970年から2001年ににかけて製造・販売していた普通乗用車だ。ボディタイプは様々で、主に4ドアセダンとして知られているカリーナだが、2ドアハードトップ、2ドアセダン、3ドアリフトバッククーペ、5ドアステーションワゴン/ライトバン型なども展開されていた。兄弟車種に同社のロングセラーセダン・コロナがあり、車体サイズはほとんど同等としているが、コロナが落ち着いたファミリー向けであるのに対し、カリーナはスポーティタイプのセダンとして位置づけられていた。シャシは、初代から3代目にかけて日本初のスペシャリティカーとして知られているトヨタ・セリカと同一としており、4代目のT150系以降はコロナと共通となっている。

初代の息は比較的長く、1970年冬に発売されてから1977年まで、実に7年間に渡って販売されていた。テレビCMには千葉真一を起用し、大ヒットとなり一世を風靡した車種といえる。発売が開始されてから翌年の1971年に、2T-G型1600DOHCエンジンを搭載した2ドアセダン1600GTモデルが追加となり、最高出力115PSを叩き出すなど、その走行性能の高さで一躍話題を呼んだ。

マイナーチェンジや新シリーズの追加を行い、1977年にはフルモデルチェンジを行い2代目に移行することとなったカリーナ。2代目は主に国の排出ガス規制に対応した改良を行い、衝撃吸収ウレタンバンパーをオプション設定とするなど、安全性の向上も図った。マイナーチェンジで丸型ランプを角型に変更するなど、エクステリアの変更によるスタイルの一新を行っている。1980年にはセダン型の姉妹車でもあるセリカ・カムリが登場することとなる。カムリは同社の高級ラインのセダンであり、発売以降爆発的なヒット商品となり、全世界100カ国で1,800万台以上の売上を誇るベストセラーカーとなっている。

1981年に再度フルモデルチェンジを果たし3代目として生まれ変わったカリーナは、国際ロードレースに参加するなど、性能面でもさらなる進化を遂げている。シャシはコロナと同一とし、パワーウィンドウなどの快適装備も設定されている。1981年と1982年にはパリ=ダカールラリーに参加し、1981年にはFJ60型ランドクルーザーを差し置いて総合34位で完走し、市販車無改造クラスや二輪駆動クラス、バギークラス、マラソンクラスの4部門の制覇も達成している。1985年には車種整理が行われ、スポーツモデルやクーペなどは他のボディタイプと統合する形で販売を終了し、次いで1988年にはFRセダンやサーフ、バンの生産も終了となった。

3代目の販売と時を同じくして、4代目となるカリーナFF4ドアセダンも発売しており、4代目以降は前輪駆動車へと以降していった。ただし全てのランナップを同時期に前輪駆動に変更するのではなく、3代目の先代車と並行して徐々に新型へと取り替えられていった。3代目と4代目の販売を同時期に終了とし、1988年に再度フルモデルチェンジが行われ、5代目として生まれ変わったカリーナ。角が取れたことによりやや丸みを帯びたエクステリアに変更され、駆動方式は全て前輪駆動となった。4代目まではスポーツセダンの印象が強く、「足のいいやつ」といったキャッチコピーが採用されていたが、5代目以降では使用されなくなり、スポーティモデルとしての印象も薄くなった。

数多くあったボディタイプだが、6代目になると4ドアセダンのみのラインナップとなった。モデルチェンジによりスポーツインカム搭載グレードのGT系が消滅してしまったことから、コロナとの差別化が図れなくなり人気が一時期低迷したとされている。しかし廉価な価格設定で競合車種にはない快適装備が充実していたこともあり、シニア層からは一定の支持を集めていた。

そして最終モデルとなるのが1996年から2001年に発売された7代目だ。6代目と同じく4ドアセダンのみのラインナップで、米国などでの販売を終了し、完全国内専用モデルとしている。安全性の向上を図り、衝突安全ボディー「GOA」を採用し、ABS、エアバックを全車で標準装備とした。6代目で廃止となっていたGTモデルを再度復活させており、1.6Lの4A-GE型エンジンと5速MTのC56型トランスミッションが組み合わされた。以降数回に渡る改良やマイナーチェンジを繰り返しており、ドアミラー形状の変更や全車前後スタビライザーの装備、ヘッドランプやフォグランプの変更、後席ヘッドレストの装備など、デザイン性、安全性をさらに向上させている。1997年にはオートエアコン搭載モデル「GTピエルナ」、2001年には専用シートや専用ドアトリム表皮などを装着した「Siマイロード」と「Tiマイロード」モデルを追加している。

カリーナは7代目でその31年の歴史に幕を閉じており、2001年に発売の後継車・アリオンにそのDNAを引き継ぐ形となっている。ちなみにアリオンは販売を開始してから現在に至るまで、モデルチェンジを繰り返しながら製造・販売を続けており、個人タクシーとしての導入実績もあるほどの快適性で人気を博している。

長年に渡り、セダンの他にもクーペやステーションワゴンなど、バリエーションに富んだランナップでその時代に合った人々のニーズに応えてきたカリーナ。31年という長い歴史の中で、カリーナが他の車種に与えた影響は大きいだろう。以下に査定相場の傾向と相場表を記載してるので、是非参考にしてほしい。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

カリーナの査定相場事情

初代から7代目にかけての31年間、主にスポーツセダンとしてその名を馳せたカリーナ。元々はカローラの上位車種の位置づけで開発が進められ、デザイン性や走行性、実用性の高さから、スポーティな走りを期待する若者から実用性を重視する年配ユーザーまで幅広い支持を集めていた。しかし北米市場や東南アジア、オセアニアでは人気の高いセダンだが、日本市場ではコンパクトカーやSUV、軽自動車などの需要が高まる一方、セダンの売上状況はあまり良いとはいえない。

カリーナの最終モデルの発売が2001年であることから、最新型の年式も平成13年式と古いこともあり、中古車市場では価格がつきにくいのが現状だ。中でもまだ比較的人気の高いモデルは、スポーツ仕様のGTモデルや、2.0Lターボエンジン搭載モデルである。走行距離が短い車でも年式の古さが目立ってしまうため価格は5万円前後となっているが、車の状態とグレードによっては多少だが値段が上がる場合もありえる。現在中古車買取りを検討中の人は、まずは年式と走行距離はもちろんのこと、出来ればグレードまで確認しておきたいところだ。

カリーナの査定相場表

カリーナ 1.5Ti マイロードCD付/平成13年式/4万km走行/5万円以下
カリーナ 1.6GT/平成13年式/2万km走行/5万円以下
カリーナ 2.0Ti マイロードナビ付/平成13年式/8万km走行/5万円以下

カリーナ 1.6GT/平成12年式/12万km走行/6万円
カリーナ 1.5Ti マイロード/平成12年式/5万km走行/5万円以下
カリーナ 1.8Si マイロード/平成12年式/4万km走行/5万円以下

トヨタ・カリーナのスペック表

トヨタ・カリーナ(初代)

■販売期間/1970年12月 – 1977年8月
■乗車定員/5人
■ボディタイプ/
2ドアセダン
4ドアセダン
2ドアハードトップ
5ドアバン

■エンジン/2.0/1.8/1.6/1.4L 直列4気筒
■駆動方式/FR
■変速機/
3速 / 2速AT
5速 / 4速/ 3速MT

■サスペンション/
前:マクファーソンストラットコイル
後:4リンクコイル

■全長/4,135mm
■全幅/1,570mm
■全高/1,385mm
■ホイールベース/2,425mm
■車両重量/930kg
■ブレーキ/
前:ディスク(1.4L車はドラム)
後:ドラム

■最高速度/
175km/h
4ドアセダン 1600ST 4速MT(前期型)

トヨタ・カリーナ(2代目)

■販売期間/1977年8月 – 1981年9月
■乗車定員/5人
■ボディタイプ/
2ドアセダン
4ドアセダン
2ドアハードトップ
5ドアライトバン

■エンジン/2.0/1.8/1.6/1.4L 直列4気筒
■駆動方式/FR
■変速機/
4速 / 3速AT
5速 / 4速MT

■サスペンション/
前:マクファーソンストラットコイル
後:4リンクコイル

■全長/4,230mm
■全幅/1,630mm
■全高/1,390mm
■ホイールベース/2,500mm
■車両重量/995kg
■ブレーキ/
前:ディスク
後:ドラム

■データモデル/4ドアセダン 2000SE 5速MT(前期型)

トヨタ・カリーナ(3代目)

■販売期間/1981年9月 – 1988年5月
■乗車定員/5人
■ボディタイプ/
4ドアセダン
3ドアリフトバッククーペ
5ドアステーションワゴン
5ドアバン

■エンジン/
3A-U型 1.5L OHC シングルキャブ
1S-U型 1.8L OHC シングルキャブ
3T-EU型 1.8L OHV EFI
2T-GEU型 1.6L DOHC EFI
4A-GEU型 1.6L DOHC EFI
18R-GEU型 2.0L DOHC EFI
12T-J型 1.6L OHV シングルキャブ(バン専用)
1C型 ディーゼル1.8L OHC

■駆動方式/FR
■変速機/
4速 / 3速AT
5速 / 4速MT

■サスペンション/
前:マクファーソンストラットコイル
後:セミトレーリングアームコイル(GT系、EFI車)、5リンクコイル(キャブレター仕様)

■全長/4,325mm
■全幅/1,665mm
■全高/1,390mm
■ホイールベース/2,500mm
■車両重量/995kg
■ブレーキ/
前:ディスク
後:ディスク(GT系)、ドラム

■データモデル/セダン 1800SG 5速MT(後期型)

トヨタ・カリーナ(4代目)

■販売期間/1984年5月 – 1988年5月
■乗車定員/5人
■ボディタイプ/4ドアセダン
■エンジン/2.0/1.8/1.6/1.5L 直列4気筒
■駆動方式/FF
■変速機/
4速 / 3速AT
5速 / 4速MT

■サスペンション/
前:マクファーソンストラット
後:ストラット

■全長/4,350mm
■全幅/1,670mm
■全高/1,365mm
■ホイールベース/2,515mm
■車両重量/950kg
■ブレーキ/
前:ディスク
後:ドラム

■データモデル/4ドアセダン 1500SE 5速MT(前期型)

トヨタ・カリーナ(5代目)

■販売期間/1988年5月 – 1992年11月
■乗車定員/5人
■ボディタイプ/
4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
5ドアバン

■エンジン/
2.0/1.8/1.6/1.5L 直列4気筒
ディーゼル2.0L 直列4気筒

■駆動方式/FF / 4WD
■変速機/4速AT / 5速MT
■サスペンション/4輪ストラット
■全長/4,380mm
■全幅/1,690mm
■全高/1,370mm
■ホイールベース/2,525mm
■車両重量/1,060kg
■ブレーキ/
前:ベンチレーテッドディスク
後:ディスク

■データモデル/セダン 1.6Gリミテッド 4速AT(前期型)

トヨタ・カリーナ(6代目)

■販売期間/1992年8月 – 1996年8月
■乗車定員/5人
■ボディタイプ/4ドアセダン
■エンジン/
2.0/1.8/1.6/1.5L 直列4気筒
ディーゼル2.0L 直列4気筒

■駆動方式/FF / 4WD
■変速機/4速AT / 5速MT
■サスペンション/4輪ストラット
■全長/4,455mm
■全幅/1,695mm
■全高/1,395mm
■ホイールベース/2,580mm
■車両重量/1,110kg
■ブレーキ/
前:ベンチレーテッドディスク
後:ドラム

■データモデル/1.6SX-i 4速AT(前期型)

トヨタ・カリーナ(7代目)

■販売期間/1996年8月 – 2001年12月
■乗車定員/5人
■ボディタイプ/4ドアセダン
■エンジン/
2.0/1.8/1.6/1.5L 直列4気筒
ディーゼル2.2/2.0L 直列4気筒

■駆動方式/FF / 4WD
■変速機/
4速AT
6速 / 5速MT

■サスペンション/
前:マクファーソンストラット
後:ストラット

■全長/4,455mm
■全幅/1,695mm
■全高/1,400mm
■ホイールベース/2,580mm
■車両重量/1,150kg
■ブレーキ/
前:ベンチレーテッドディスク
後:ディスク

■データモデル/1.6GT 5速MT(前期型)
■後継/トヨタ・アリオン

 

中古車査定サイトのおすすめランキング

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコムの特徴

●リンク先:中古車買取ドットコムはコチラ
●情報入力後に概算価格を提示してくれる

●入力項目:最低入力4項目(約22秒)
●年間実績数:約5万件
●年間問合せ数:約20万件
電話だけでの査定も行えるので非常に簡単

車簡単査定ガイド

車簡単査定ガイドの特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:9項目(約70秒)
●年間実績数NO.1:約35万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:不可

カーセンサー

カーセンサーの特徴

●ネームバリューと認知度の高さから、ユーザーからの信頼感は◎
●提携会社No.1:約1000社
●入力項目:17項目(約3分)
●最大査定依頼社数:30件
●査定会社選択:可能

ズバット車買取

ズバット車買取の特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:7項目(約45秒)
●年間実績数NO.1:約18万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

楽天オート

楽天オート

●認知度の高さから、利用者増
●バイクにも対応
●入力項目:11項目(約90秒)
●申し込み・成約で楽天ポイントがもらえる
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能