ブーン/ダイハツ|査定相場を大公開

ブーン/ダイハツ|査定相場を大公開

ブーン|車・中古車の査定相場

ブーン 査定

今まで2度フルモデルチェンジをしており、初代と2代目はダイハツとその親会社トヨタ自動車との共同開発で発売されたブーン。トヨタからはパッソとして発売され、こちらはダイハツがOEM供給するデュエット後継車である。

ブーンとパッソはトヨタ自動車・ダイハツ工業の共同開発の姉妹車ではあるが、OEM関係ではない。そのため初代と2代目までは両車の型式にに共通性がなかったが、3代目からは、パッソの製造事業者がダイハツ工業となりブーンのOEM車種となったため、型式がダイハツ流のM700A/M710A型となっている。
初代は2004年に発売され、2代目は2010年から2016年、3代目は2016年の4月から現在まで生産・販売が続いている。名称は違うが、カラーコード(色番号)はブーンもパッソも同じであり、遊び心溢れる名称をつけている。

ブーンとは英語で「愉快」を意味し、自動車が走行する際の擬声語として用いられることからその名前が付けられたとされる。

初代のトランスミッションはグレードのX4が5速MTのみで、その他のグレードは全て4速ATのみで設定されていた。

2010年に初のフルモデルチェンジが行われ、シンプルなデザインと機能性を重視しつつも、価格を抑えたクルマに仕上がった。
タマゴを彷彿させるアッパーボディーに、安定感のあるアンダーボディを積載した、上品なシルエットに仕上がっている。
全長は僅かに拡張されたが、コンパクトカーとしての機能性を損なわないように、またユーザーからの声を取り入れ、
全幅は初代ブーンと同じ寸法で設定された。

3代目のボディサイズは2代目から据え置かれている。にもかかわらず広い室内空間感覚を誇るのは、ホイールスペースを従来のものと比べて50mmほど拡大したことによる。それに伴った最小回転半径が気になるところだが、トレッドの拡大により前輪の切れ角を最適化。従来モデルと遜色がない4.6mを実現しており、十分に操作性に富んでいる。3代目以降からは自動ブレーキシステムの「スマートアシストⅡ」を搭載しており、昨今の自動ブレーキブームの需要に答える形となっている。先行車と衝突の危険性が高まった時に作動し減速する衝突回避支援ブレーキ機能や、衝突の危険を察知した際にブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせる衝突警報機能(対車両・歩行者)、車線逸脱警報機能、踏み間違い防止のための誤発進抑制制御機能(前方・後方ともに)、信号待ちなどで前の車が発進した際にドライバーに知らせる先行車発進お知らせ機能が備わっている。
その他には、横滑りが発生した場合などに、自動的にエンジン・ブレーキ出力を抑制し安定性を確保するアクティブシステムを採用している他、急ブレーキ時の車輪ロックを防ぐABS機能、衝突安全ボディのSOFIを取り入れている。

ブーンの全体の特徴の一つに、その広いラゲッジスペースが挙げられる。後部座席を倒して荷物を積むことが出来る他、片側のみ倒すこともでき、場面によって使い分けることが可能だ。
荷物の出し入れが多いレジャーや買い物の際にも便利だ。また、ホイールベースの拡張によって、室内空間の広さが確保されているのに加え、リヤシートは足元にゆとりがあり、大人3人で乗っても窮屈にならないと評判だ。運転席シートヒーターやオートライトも有し(一部メーカーオプション)、快適性に富んだ仕様となっている。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。

ブーンの査定相場事情

ブーンの魅力は何といっても、その走行性能・低燃費にある。2016年4月時点の調査では、ガソリンエンジン登録車燃費NO.1を獲得。2WDは28.0km/L、4WDでも24.4km/L(双方JCOBモード時)を記録し、当然現時点でエコカー減税の対象にもなっている。

また、デザイン・用途の面でも人気が高い。初代モデルでは走りを楽しみたい方向けにユポーツ用グレードを用意。2代目以降は特徴的なスタイリングとインテリアデザインを採用しており、男女問わず人気が高い。2014年に2度目のフルモデルチェンジを行い、その後も時代のニーズに合わせて都度マイナーチェンジが行われている。加えて、安心の自動ブレーキ機能「スマートアシストⅡ」を搭載しているなど、需要の高さがうかがえる。その他にも、ドライバーや乗る人達に優しい機能が数多く搭載されているブーン。例えば、紫外線(UV)を約99%カットする、「スーパーUV&IRIRカット機能付ガラス(フロントドア)/スーパーUVカット機能付スモークドガラス(リヤドア/リヤクォーター)」は、フロントガラスからの紫外線をカットするだけでなく、赤外線を効果的に遮断し、肌への刺激を防いでくれる。車内温度の上昇も抑える効果があり、前後どちらに乗っても車内で快適に過ごすことができるだろう。
また、「運転席シートヒーター」も搭載されている。座面と背面を温めてくれるため、寒い冬や、寒冷地でのドライブに役立つこと間違いなしだろう。(4WDは標準装備。2WDは寒冷地仕様とセット販売のメーカーオプション。)ドライバーに嬉しいこだわりで、「チルトステアリング」や「運転席シートリフター」、「LEDヘッドランプ(オートリベリング機能)」、「電動格納式ドアミラー」など、多数見受けられる。※一部メーカーオプション。
今となっては当然のようだが、キーフリーシステムのイモビライザーやエンジンがワンプッシュでかけられるプッシュボタンスタートも当然装備されている。

そのコストパフォーマンスから、他社にOEM提供されるだけでなく、ヨーロッパでも多くの支持を得ている。フルモデルチェンジが2度行われているため、モデルチェンジ前の車からは買取価格が下がる傾向にあるが、それでも高性能で人気の高い車種であるのには変わりない。使用者の声では、「充実の安全対策で安心」「小回りが利く」「デザインが好き」「中が広く、運転もし易い」との評判だ。優れた低燃費でありながら、コンパクトカーならではの安定感を誇るブーン。一度査定に出して中古車市場を確かめる価値がありそうだ。

ツーサテの査定相場について

本サイトにおける査定相場は、過去の査定実績をもとに算出しているものであり、決して査定額を保証するものではありません。

査定時期による相場変動、年式・走行距離や車両の状態に応じて査定額は変動するものです。

また、査定会社によっても査定基準は異なりますので、あくまでも参考値としてお考え下さい。

ブーンの査定相場表

ブーン シルク Gパッケージ SAⅡ/平成29年式/1万km走行/90万円
ブーン シルク Gパッケージ SAⅡ/平成29年式/1万km走/69万円
ブーン シルク SAⅡ/平成28年式/3万km走行/60万円
ブーン シルク SAⅡ/平成28年式/2万km走行/63万円
ブーン X SAⅡ/平成28年式/3万km走行/50万円
ブーン X SAⅡ/平成28年式/2万km走行/63万円
ブーン シルク/平成28年式/3万km走行/52万円

ブーン CL/リミテッド/平成27年式/5万km走行/28万円
ブーン CL/平成26年式/4万km走行/23万円
ブーン CL/平成25年式/4万km走行13万円
ブーン 1.0CL/リミテッド平成24年式/5万km走行/5万円以下
ブーン 1.3CX/平成23年式/5万km走行/10万円
ブーン 1.0CL/平成23年式/3万km走行/9万円
ブーン 1.3C/平成22年式/4万km走行/11万円
ブーン 1.0CL 平成22年式/7万km走行/5万円以下
ブーン 1.0CLリミテッ/平成22年式/5万km走行/7万円
ブーン 1.0CLリミテッド/平成22年式/9万km走行/5万円以下
ブーン 1.0CLリミテッド/平成22年式/9万km走行/5万円以下

ダイハツ・ブーンのスペック表

ダイハツ・ブーン/ダイハツ・ブーンカスタム/ダイハツ・ブーンX4(初代)

■販売期間/2004年6月-2010年2月
■乗車定員/5人
■ボディタイプ/5ドアハッチバック
■エンジン/
1KR-FE型 1.0L 直3 DOHC DVVT
K3-VE型 1.3L 直4 DOHC DVVT
KJ-VET型 1.0L 直4 DOHC DVVT ターボ(X4のみ)

■駆動方式/FF/4WD
■変速機/4速AT・5速MT(X4及び日本国外仕様のみ)
■サスペンション/
前ストラット
後トーションビーム (FF)
3リンク/トレーリングリンク (4WD)

■全長/3,600-3,630mm
■全幅/1,665mm
■全高/1,535-1,550mm
■ホイールベース/2,440mm
■車両重量/900-980kg
■姉妹車/トヨタ・パッソ・スバル・ジャスティ(4代目、海外のみ)
■別名/2代目ダイハツ・シリオン(欧州)
■先代/ダイハツ・ストーリア

ダイハツ・ブーン(2代目)M600S/M610S/M601S型

■販売期間/2010年2月 – 2016年4月
■乗車定員/5人
■ボディタイプ/5ドアハッチバック
■エンジン/
1KR-FE型 1.0L 直3 DOHC DVVT
1NR-FE型 1.3L 直4 DOHC Dual DVVT(FF・初期型のみ)

■駆動方式/FF4WD(1.0Lのみ)
■変速機/CVT
■サスペンション/
前ストラット
後トーションビーム (FF)
3リンク/トレーリングリンク (4WD)

■全長/3,640-3,650mm
■全幅/1,665mm
■全高/1,535mm
■ホイールベース/2,440mm
■車両重量/910-970kg
■姉妹車/トヨタ・パッソ

ダイハツ・ブーン(3代目)M700S/M710S型

■販売期間/2016年4月12日 -
■乗車定員/5名
■ボディタイプ/5ドアハッチバック
■エンジン/
1KR-FE型:996cc 直列3気筒DOHC

■駆動方式/前輪駆動/四輪駆動
■最高出力/51kW (69PS)/6,000rpm
■最大トルク/92N・m (9.4kgf・m)/4,400rpm
■変速機/CVT
■サスペンション/
前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング(2WD)
後:トレーリングリンク車軸式コイルスプリング(4WD)

■全長/3,650mm(X)3,660mm(CILQ)
■全幅/1,665mm
■全高/1,525mm
■ホイールベース/2,490mm
■車両重量/910-960kg
■ブレーキ/
前:ベンチレーテッドディスク
後:リーディング・トレーリング

■姉妹車/トヨタ・パッソ(3代目)

 

車種別の査定相場情報を大公開

その他の車種の中古車査定相場を知りたい方はコチラ

 

中古車査定サイトのおすすめランキング

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコム

中古車買取ドットコムの特徴

●リンク先:中古車買取ドットコムはコチラ
●情報入力後に概算価格を提示してくれる

●入力項目:最低入力4項目(約22秒)
●年間実績数:約5万件
●年間問合せ数:約20万件
電話だけでの査定も行えるので非常に簡単

車簡単査定ガイド

車簡単査定ガイドの特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:9項目(約70秒)
●年間実績数NO.1:約35万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:不可

カーセンサー

カーセンサーの特徴

●ネームバリューと認知度の高さから、ユーザーからの信頼感は◎
●提携会社No.1:約1000社
●入力項目:17項目(約3分)
●最大査定依頼社数:30件
●査定会社選択:可能

ズバット車買取

ズバット車買取の特徴

●情報入力後、概算価格を提示してくれる
●入力項目:7項目(約45秒)
●年間実績数NO.1:約18万件
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能

楽天オート

楽天オート

●認知度の高さから、利用者増
●バイクにも対応
●入力項目:11項目(約90秒)
●申し込み・成約で楽天ポイントがもらえる
●最大査定依頼社数:10件
●査定会社選択:可能