スズキ車の歴史と歩み

スズキ車の歴史と歩み

スズキ車の歴史と歩み

本拠地を静岡に構えている自動四輪車および自動二輪車のメーカーであるスズキ。織機メーカーであった鈴木式織機製作所時代から始まり、
他社と提携を結びながら現在の姿に形を変えつつも、日々価値ある製品づくりに励んでいます。
日本の小型車に初めて軽自動車という規格が誕生した頃、日本初の量産軽自動車「スズライト」を発売し、モータースポーツでも数多くの輝かしい成績を残しています。
過去から現在にかけて、人々に喜ばれる自動車を世に送り出し続けるスズキの、その歴史と過去の名車などに焦点を当てていきたいと思います。

■スズキのはじまり・戦前から戦後へ

スズキの初代社長である鈴木道雄は元々大工の出身でした。木製織機の製造からはじまった「鈴木式織機製作所」を1909年に創業し、
次第に金属製自動織機の生産へと事業を拡大していきました。
その頃に精密機械の加工技術を習得していった鈴木式織機製作所は、1936年にイギリスのオースチン・セブンのコピーを試作するなど、
自動車産業への進出を視野に入れ研究を重ねていきます。、
しかし第二次世界大戦の影響により自動車製造に制限がかかり、一時は中断を余儀なくされました。
戦後研究を再開したスズキは、1952年当事のエンジンブームに則りオートバイ開発に乗り出したのです。
そしてその翌年から4輪自動車の研究・開発に心血を注ぎ、試作第一号を製作しています。
試作第二号、箱根登板テストを行った後、1955年の10月に、念願の軽四輪自動車「スズライトSS」を発売したのです。
スズライトは日本で初めての量産軽自動車として注目を集めただけでなく、日本初の前輪駆動方式の採用など、新分野を開拓した歴史にその名を残す軽自動車として今も語り継がれています。
以降、軽四輪車、小型車、オートバイを主軸に、日本のみならず世界で活躍するスズキへと成長を遂げることとなるのです。

■世界に認められるスズキへ!

スズライトSSの爆発的ヒットの後、当事の市場の中心でもあった商用車の分野に乗り出したスズキは、
大きな居住空間と荷室を自慢とする商用車「スズライトTL」を1959年に発売しました。
TL型でも人気を博し、3ヶ月で200台の販売目標を達成し、益々スズキの人気は勢いを増していくこととなります。
そしてスズライトTLに加えて1961年に発売されたのが、「スズライト・キャリィ」です。これはセミキャブタイプの軽自動車で、
現在でも続く超ロングセラー商品「キャリィ」の初期型モデルとしても知られています。
そして鈴鹿サーキットで行われたグランプリレースの軽自動車部門で優勝をした「スズライト フロンテ FEA」はスズキの名を全国的に知らしめるきっかけとなり、
その後販売された「フロンテ360(LC10)」は、生産が追いつかないほどの爆発的ヒットとなりました。
次第に自動車は高速化の時代へと突入し、スズキは時代の波を受けて高速型エンジンを投入した「フロンテ360SS」を発表しました。
フロンテ360SSはイタリアのミラノとナポリ間を繋ぐ高速道路(通称:太陽の道)を、約6時間の間平均速度122.4kmで走破したことにより、
世界中からその走行性と耐久性が認められ、注目を集めることになります。

■自動二輪車開発への道のり

自動二輪車の開発が進められたのは戦後から数年経った1951年でした。
後に二代目社長となる鈴木俊三は、好きな釣りに行くのに自転車が風に煽られるのを不便と感じ、
「自転車にもエンジンが付いていたら楽だな」という発想から開発が進められたとされています。
翌年の1952年、排気量はわずか36ccながらも、補助エンジン付きの自動二輪車・パワーフリーを完成させています。
そして翌年、排気量を60ccにパワーアップさせ、自動二輪車のスズキ・ダイヤモンドフリーを開発し、生産・販売しました。
その後ダイヤモンドフリーは富士登山レースに優勝し、北海道から鹿児島間3000kmを無故障で走破するなど、その走行性や耐久性の高さで人気を集めました。
エンジンを積んでいたものの、まだまだ足で漕ぐ自転車の枠を超えていなかったダイヤモンドフリーですが、
さらに翌年の1954年にスズキは、本格的にオートバイ産業に乗り出すことになるのです。

■オートバイレース挑戦と苦難

本格的にオートバイ産業に参入していったスズキが、初めて参加したレースが「第二回全国富士登山オートレース」でした。
90ccクラスに参戦し、発売して間もない新車・コレダCO型で挑み見事優勝を飾りました。
当事国内レースは世界のレベルとは比較にならないものでしたが、それでもこの小さくも大きな一歩が、後に続くスズキのレース活動の始まりとなったのです。
その後参加したのは日本モーターサイクルの大きな発展に寄与した浅間レースです。
練習不足、悪天候も相まって思うような成績が残せなかったスズキは、レース前の自信を失い、もう二度とレースには参加しない、とひどく肩を落としたと言われています。
しかしその目に火を宿させたのは、当事日本のオートバイレースを牽引していたホンダの創始者・本田宗一郎氏でした。
本田氏は偶然スズキの社長と乗り合わせた電車の車内で、「レーサーを海外に出してみたらどうだ」と持ちかけ、
それに鼓舞されたスズキは、意気込みを新たに、伝統のマン島TTレースへ参加を決意したのです。
そして初めてマン島TTレースに参加したのは1960年のことです。
マン島TTレースとは、現時でも続くイギリスの伝統的レースで、イギリス王室属国のマン島で行われ、
東部にある首都ダグラスを起点とし、西北へ大きく回りながら北東海岸部の街ラムゼイからスタート地点まで戻るというものです。
レース中は一般車両の通行を禁止しているものの、本来サーキット場ではない一般道のため、転倒やコースアウトでライダーが死亡する例もある極めて危険なレースです。
初参戦では特に目を見張るような結果は残せなかったものの、世界へスズキの名を知らしめる確かな一歩になったのは確かです。
宿泊したホテルの主人にライダー達は、「最初の年ははコースの勉強をし、2年目は前年の反省を持ち帰り復習をする、そして3年目は勝つだけだ」とたしなめられたと言います。
そしてその言葉通り3年目の1962年に50ccクラスで初優勝を遂げ、
ライダーズ・タイトルとコンストラクターズを獲得し、スズキのオートバイ認知は広まりを見せ始めたのです。
1965年には125ccクラスで初の総合優勝を果たし、以降スズキは常に好成績を残すまでに成長しました。

■過去の名車たちをピックアップ!

<スズライトSS(1955年)>
日本の軽自動車では初となる量産車で、爆発的ヒットを起こした製品です。
スズライトの「スズ」とは、鈴木の略で、「ライト」は軽自動車の「軽い」という意味と、「光」を意味しています。
FF(前輪駆動)方式を日本で初めて採用した軽自動車としても知られています。

<スズライト キャリィFB(1961年)>
セミキャブタイプの軽自動車として開発されたのがスズライトキャリィFBです。
スズキ初のトラックとして発売され、現在でも存在する「キャリィ」の初期モデルとしても知られています。
これを機にスズキ初の量産化向上を豊川市内に建設しています。

<スズライト フロンテFEA(1963年)>
唯一の普通乗用車として販売されていたスズライトフロンテTLAの軽自動車規格として誕生したフロンテFEA。
発売後まもなく、鈴鹿サーキットで行われていた国際レーシングコースで、第一回日本自動車レースに出場し、見事軽自動車部門で優勝と上位を独占しました。
また、新しく分離給油方式を採用しています。

<キャリィ バン(1969年)>
お馴染みキャリィの箱バンタイプが1969年に発売され、瞬く間に軽四輪トラック市場を独占し首位に立ちました。
後部に撥ね上げ式のバックドアを採用したワゴンスタイルをしており、外観のみならず内観のスペースを広くとっています。
エンジンは運転席下に置いており、プロペラシャフトを利用し、後輪駆動としています。

<ジムニー(1970年)>
これまでにないユニークな軽自動車作りを目標に掲げたスズキは、1970年には軽自動車でありながらもオフロード走行が可能な四輪駆動車・ジムニーを開発しました。
梯子型フレームの上にボディを乗せる伝統的なスタイルは今現在も変わりません。
初代は帆型のエクステリアで販売されており、その独特のスタイリングも注目されました。
大型ラグタイヤを採用しており、四駆車としての走破性の高さを主張しました。

<アルト(1979年)>
実用性の高さを売りにして発売されたアルトは、そのシンプルなスタイリングと廉価な価格設定で瞬く間にスズキを代表する人気車種となりました。
発売当初グレードは1つしか用意しておらず、「実用」という明確な目的のために開発された車といってもいいでしょう。
車を所有することが当たり前の時代へと突入していたこの頃、女性ドライバーも急増していました。
アルトの2人に1人が女性ユーザーだったという記録もあり、社会進出への後押しとなった車といえるでしょう。

<カプチーノ(1991年)>
まったく新しい車種として開発したのが、軽オープンカーのカプチーノです。
意のままの操縦性の追求をコンセプトとしており、ルーフはハードトップ、Tバールーフ、タイガトップ、フルオープンの4通りから気分に合わせて選択できました。
自然の風を肌で感じながらの爽快な走行が人気となり、今でもファンからの人気が高い車種です。

■まとめ

代表的な軽自動車メーカーで知られているスズキですが、軽規格のない海外からも注目を集めており、
さらにオートバイ産業では世界の名立たる名車たちを打ち負かす走行性と耐久性を持ったバイクを開発しており、世界中のファンを魅了し続けています。
消費者の立場に立って、戦後から価値ある製品作りに励んできたスズキは、今後も「小さクルマ、大きな未来。」をスローガンに、
ニーズや環境を考慮した、人にも地球にも喜ばれる車作りに励んでいくことでしょう。