車で行きたい絶景観光スポット[北海道・道央&道南]季節別

NO IMAGE

車で行きたい絶景観光スポット[北海道・道央&道南]季節別

 

“国内旅行の行き先ランキング”で常にトップの北海道。
北海道という土地の魅力を形成している要素は多くありますが、中でも「雄大な自然」の存在は欠かせません。

日本の最北に位置し、四方を海に囲まれている北海道。本州から離れた大地で、唯一無二の自然美を創造してきました。
北海道の四季は日本全土の中でも特にはっきりとしており、季節ごとに違う顔を見せてくれるので、何度でも繰り返し訪れたくなること必至です。

そんな北海道ですが、旅行するのならば断然[車移動]がおすすめ。
電車などの公共機関を利用するのんびり旅行もいいですが、北海道には”車なしでは行けない絶景スポット”が多いからです。

今回は北海道旅行の行程にぜひ取り入れてほしい
【道央&道南の車で行きたい絶景観光スポット】
を厳選。

季節別に、そのときベストシーズンを向かえる絶景観光スポットをまとめて掲載しています。

車で行きたい北海道の絶景観光スポットまとめ

春に車で行きたい北海道の絶景観光スポット

【三島さんちの芝ざくら/虻田郡】

約4,000平方メートルもの広大な庭園一面に咲き誇る芝桜。
毎年5月下旬~6月上旬に身頃を迎え、残雪の羊蹄山とニセコ連峰に見立てて植えられた白とピンクの芝桜のコントラストが実に鮮やかです。

この芝桜の庭園は名前から分かる通り、元農家の三島さんが個人で造られたものです。
2000年代初めに三島和夫氏が農家を引退後、土地が荒れるのを防ぐために芝桜を植えたのが始まりです。

ご好意により無料開放されており、毎年多くの人々が芝桜を愛でるために訪れています。
なんと、見頃を迎える5月中旬からの1ヶ月間に7000人近い観光客が訪れるそうです。

駐車場とトイレも設置されています。駐車場が満車の場合、くとさんパーク駐車場と旭ケ丘公園駐車場を利用できます。個人のお宅なので、鑑賞のマナーには充分気をつけましょう。

・基本情報・
住所:〒044-0083 北海道虻田郡倶知安町旭51
営業時間:不明
料金:無料
駐車場:あり(個人宅なので数は少ない、近隣のコインパーキング推奨)

■アクセス(車)
札幌中心部から、国道393号経由で所要時間・約1時間40分

【地球岬/室蘭市】

室蘭が位置する絵鞆半島の太平洋に面した外海は、断崖絶壁が連続する絶景の宝庫。太平洋に面する海岸線は高さ100m前後の断崖絶壁からの絶景をみることが出来ます。

地球岬(ちきゅうみさき)は国の名勝にも指定されており、青い海が人々を惹きつけてやみません。
晴れた日には遠く駒ケ岳や青森県の下北半島まで見ることができるので、ぜひ空気の澄み切った早春のころに出かけることをおすすめします。

また、夏には運が良ければ眼下の太平洋にイルカの群れを肉眼で確認できることも。

・基本情報・
住所:室蘭市母恋南町4丁目
営業時間:常時開放
料金:無料
駐車場:あり

■アクセス(車)
札幌から、札幌南ICから道央自動車道で登別室蘭ICで降り、国道36号線を走る。所要時間は約2時間

夏に車で行きたい北海道の絶景観光スポット

【神威岬/積丹町】

日本海に面している積丹半島の岬、神威岬(かむいみさき)。その昔、源義経との恋に破れた娘が身投げをして岩に化身したという伝説が残っています。

岬から望める海の青さは”積丹(しゃこたん)ブルー”と呼ばれ、「積丹半島を訪れた人は必ず積丹ブルーに魅了され生涯忘れられなくなる」と言われるくらい、青く透き通る海は絶景です。
とくに、雲ひとつない青空との組み合わせに魅了される人が多いようなので、おすすめは夏の神威岬です。

また6月~8月までの時期は、神威岬がある積丹町で「ウニ漁」が解禁となるので、この時期に訪れると新鮮なウニが頂けます。

・基本情報・
住所:〒046-0321 北海道積丹郡積丹町神岬町
営業時間:ゲート開放・7月8:00-18:00、8月~10月は8:00-17:30
料金:なし
駐車場:あり(300台)

■アクセス(車)
札幌から、小樽まで高速⇒国道5号線 所要時間・2時間30分

秋に車で行きたい北海道の絶景観光スポット

【藻岩山観光道路/札幌市】

日本の”新三大夜景”に選ばれた札幌の夜景を一望できる、藻岩山(もいわやま)。その藻岩山の南側を縦走できる、約3.5kmのドライブウェイが藻岩山観光道路です。
藻岩山の展望台から眺める夜景ももちろん素敵ですが、藻岩山観光道路から眺める夜景もまた格別。藻岩山観光道路途中には「展望駐車場」があり、そこに車を止めてゆっくりと夜景を楽しむことが出来ます。

夜景がよりきれいに見える条件「周囲が暗くて、空気が澄んでいる」を満たす9月下旬以降が、藻岩山観光道路から眺める夜景のベストシーズンだと言えます。
しかし藻岩山観光道路は毎年11月上旬から”冬期の通行止め期間”に入ってしまうため、必ずその年の詳細な通行止め期間を確かめてから出掛けてください。

・基本情報・
住所:〒005-0832 札幌市南区北ノ沢1819
営業時間:毎年4月~11月上旬 10:30-22:00(※入場は21:30まで)
料金:一般乗用車・660円、二輪(125ccを超える)・320円、マイクロバス・1,340円、大型バス/トラック・2,000円
駐車場:あり/無料

■アクセス(車)
札幌の中心部から、国道230号線を定山渓方面⇒川沿1-1の信号より斜め右⇒1本目の信号を右折のち北の沢山の手線に入る⇒約2分ほどで料金所

【ニセコパノラマライン/磯谷郡】

JRニセコ駅から岩内町まで走る道道66号をニセコパノラマラインと呼びます。
四季折々の美しい景色を楽しめるドライブルートとして有名ですが、中でも屈指の紅葉スポットとして人気を博しています。

ニセコの中で最も神秘的な美しさを誇る「神仙沼」は標高770m地点にあり、周辺を囲む赤エゾ松が紅葉で色付いた姿を水面に映し出す絶景は”絵画のように美しい”と評判です。
毎年その美しい光景を見ようと、多くの人が訪れます。

・基本情報・
住所:〒048-1321 北海道磯谷郡蘭越町湯里道道66号線
営業時間:常時開放(※ただし毎年10月下旬~4月下旬まで冬期通行止め)
料金:なし
駐車場:あり/無料

■アクセス(車)
札樽自動車道小樽ICから国道5号経由⇒道道792号をニセコ駅方面へ77km

冬に車で行きたい北海道の絶景観光スポット

【五稜郭タワー/函館】

函館のシンボルとも言える五稜郭(ごりょうかく)タワー。
五稜郭タワーは1964年12月1日に創業、その後2006年4月1日に新タワーとして開業しました。全高は98m、展望台の高さとしては展望1階が86m、展望2階は90mから景色を眺めることになります。

五角形の展望台や塔体の星形など、徹底して星型にこだわり造られた美しいタワーです。
桜の名所でもありますし、一年を通して四季折々の素晴らしい姿を楽しめます。

しかし、その中でも特におすすめしたいのが冬の五稜郭タワー。
毎年12月~2月末まで、「五稜星の夢イルミネーション」と題したイルミネーション企画が実施されています。
まさに星のように燦然と輝く五稜郭タワーは、一度は観たい絶景です。

・基本情報・
住所:〒040-0001 北海道函館市五稜郭町44
営業時間:8:00-19:00(季節によって変動あり)
料金:大人・900円、中高生・680円、小学生・450円、小学生未満・無料
駐車場:なし(近隣に多数コインパーキングあり)

■アクセス(車)
JR函館駅から、車で約15分
JR五稜郭駅から、車で約10分

一年を通して車で行きたい北海道の絶景観光スポット

【小樽運河/小樽市】

小樽港が栄えた大正12年に完成した、長い歴史を持つ運河です。
現在は北海道を代表する観光地の一つとなっており、周囲に点在する歴史的建造物や、当時の建物をリノベーションしたおしゃれな飲食店などを楽しみながら、ノスタルジックな雰囲気を味わえます。

快晴の青空とのコントラストも、降り積もった雪と共に夜景の光を受けてキラキラ輝く川面も、どの季節の小樽運河にもそれぞれの良さがあります。

札幌から1時間弱で行けるので、ちょっとしたドライブにおすすめです。

・基本情報・
住所:〒047-0007 北海道小樽市港町
営業時間:常時開放
料金:なし
駐車場:運河付近に多数コインパーキングあり

■アクセス(車)
札幌から、国道5号線や札樽自動車道を経由して約40km・所要時間は約50分

【洞爺湖/洞爺湖町・壮瞥町】

北海道南西部にあるカルデラ湖です。

一見、湖ですから年中楽しめるように思いますが、洞爺湖のベストシーズンは夏です。湖を渡ってくる風がひんやりと気持ちよく、観光に最適な気候だからです。
遊覧船で湖の真ん中にある「中島」に渡るのも、夏ならではの楽しみといえます(冬季は遊覧船は運行していますが、中島で下船することが出来ません。)

・基本情報・
住所:北海道虻田郡洞爺湖
営業時間:常時開放
料金:なし
駐車場:あり

■アクセス(車)
札幌から、国道230号札幌~定山渓~中山峠~洞爺湖温泉 約2時間10分
千歳空港から、道央自動車道千歳I.C.~虻田洞爺湖I.C. 109.1km

【道の駅しかべ間歇泉公園/鹿部町】

北海道の南、道南地方にある鹿部町には間欠泉があります。約10分間隔で温泉が高さ15メートルまで吹き上げます。
なんと、北海道でも間欠泉を間近にみれるのはここだけです。

北海道で唯一のスポットということで連日人々でにぎわっています。道南へドライブの時には絶対に立ち寄りたいおすすめスポットです。

・基本情報・
住所:茅部郡鹿部町鹿部18-1 道の駅です
営業時間:8:30~18:00(4月~9月)9:00~17:00(10月~3月)
料金:なし
駐車場:あり

■アクセス(車)
函館駅から、国道5号線と道道43号線を経由して約60分

【日本海オロロンライン】

海を見ながらのドライブが好きな方に絶対おすすめなのが、日本海オロロンラインです。
北海道日本海側・石狩市から天塩郡天塩町までの国道231号・国道232号の愛称。

道路沿いには夕日の絶景スポット黄金岬もあり、四季折々の日本海のいろいろな表情を楽しめます。

・基本情報・
住所:国道231号・国道232号
営業時間:常時開放
料金:なし
駐車場:あり

■アクセス(車)
国道231号・国道232号

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。