今さら聞けない車のこと…【セダン】とは?

今さら聞けない車のこと…【セダン】とは?

 

車の購入を検討したことがある人は、ほぼ確実に「セダン」という単語を一度は目にしていると思います。

車の情報誌やサイトでも、当たり前のように使用されているセダン。
車に好きだったり、興味・関心がある人にとっても、知ってて当然の単語でしょう。

しかし、セダンの意味が分からない人も世の中には当然、大勢います。

あまりにも当たり前のように使用されている単語なので、今さら意味を聞くのは恥ずかしい。

今回はそんな人のために【「セダン」とはどういう意味なのか?】について、詳しく解説していきたいと思います。

セダンとは?

セダンとは、”特定の車のタイプ”を表す単語です。

一般的にセダンに分類される車のタイプは、【3ボックスで、なおかつ4ドアの車】です。
2ドアのセダンも存在しますが、ほとんどのセダンは4ドアです。

この3ボックスというのは、「エンジンルーム・室内(人間が乗り降りする空間)・トランクルーム」がそれぞれ独立している形態のこと。
4ドアは、「運転席・助手席・後部座席の左右のドア」のことを指します。

「3ボックスで、なおかつ4ドアの車」は古くから存在しており、同時にセダンという単語も古くから存在しているのです。

また、セダンの中でも、高級車×セダンの「高級セダン」や、スポーツカー×セダンの「スポーツセダン」など、細分化されることも。
古くから存在するセダンは、車の中でもポピュラーなモデルで、世界各国で様々な車種が製造されています。

セダンとサルーンの違い

セダンと「サルーン」の違いについて、よく理解されていないことがあります。

しかし、実はセダンとサルーンは呼び方が違うだけで、同じ車を表します。
つまりセダンもサルーンも「3ボックスで、なおかつ4ドアの車」のことを表している、ということです。

呼び方が違うとはどういうことかと言うと、国によって呼び方が異なるということ。
日本ではセダンと名で広まりましたが、英国ではサルーンの名で「3ボックスで、なおかつ4ドアの車」を表します。
また、フランスでは「ベルリーヌ」、ドイツでは「リムジーネ」、イタリアでは「ベルリーナ(ベルリネット)」「クワトロポルテ」と呼ばれています。

人気のセダン・5選

前述した通り、セダンは古くから存在する車のモデルです。
世界各国で様々な車種が製造・販売されており、日本国内でも多くのセダンが活躍しています。

ここからは、そんなセダンの中でも特に人気の5車種をご紹介したいと思います。

※掲載している情報は全て2018年10月現在のものです。

トヨタ・クラウンアスリート

トヨタを代表する高級車種「クラウン」の、派生モデルであるクラウンアスリート。
クラウンユーザーの若返りを狙って設定されたモデルですが、予想以上の反響を呼びました。
クラウンに搭載されるのは久々となる「2L4気筒ターボエンジン」を復活させることで、スポーツカー並みの走破性を再現。
また、クラウンには無いカラフルなボディカラーの展開も、人気の理由の1つのようです。

■トヨタ・クラウンアスリート(2016年式)の基本スペック

新車価格:357万~618.3万円

全長:4.9m
全幅:1.8m
全高:1.45m
車両総重量:1,955kg

乗員定員:5名

エンジン種類:直列4気筒DOHC
駆動方式:FR
ミッション:CVT
使用燃料:レギュラー
最高出力:178ps
最大トルク:221n・m(22.5kg・m)/4,800rpm

燃費:23.2km/L

排気量:2,493cc

ボディカラー:
シルバーメタリック、ダークレッドマイカメタリック、ブラック
茜色オレンジメタリック(オプション色)、群青ダークブルーマイカメタリック(オプション色)、黒曜ダークブラウンメタリック(オプション色)、胡桃ブラウンマイカメタリック(オプション色)、紺碧ダークブルーマイカ(オプション色)、天空ピュアブルーメタリック(オプション色)、常盤色グリーンマイカメタリック(オプション色)、仄ローズメタリックオパール(オプション色)、翡翠アルミナジェイドメタリック(オプション色)、白夜グレーメタリック(オプション色)、白光ライトイエローマイカメタリック(オプション色)、プレシャスシルバー(オプション色)、プレシャスブラックパール(オプション色)、紅リッチレッドクリスタルシャインGF(オプション色)、ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション色)

メルセデスベンツ・Cクラス

メルセデスベンツの全モデルの中でも、とくに人気の高い「Cクラス」。
1993年に販売が開始されてから、”しなやかな足回り”や”充実した装備””先進安全技術の採用”が理由で、長く人気を誇っています。
高級車でありながら、機能性の高さから、ファミリーカーとしても人気の車です。

■メルセデスベンツ・Cクラス(2018年式)の基本スペック

新車価格:419万~880万円

全長:4.69m
全幅:1.81m
全高:1.45m
車両総重量:1,490kg

乗員定員:5名

エンジン種類:直列4気筒DOHC
駆動方式:FR
ミッション:9AT
使用燃料:ハイオク
最高出力:156ps
最大トルク:250n・m(25.5kg・m)/4,000rpm

燃費:14.3km/L

排気量:1,595cc

ボディカラー:
ポーラーホワイト
イリジウムシルバー(オプション色)、エメラルドグリーン(オプション色)、オブシディアンブラック(オプション色)、カバンサイトブルー(オプション色)、セレナイトグレー(オプション色)、ブリリアントブルー(オプション色)、モハーベシルバー(オプション色)

日産・スカイライン

初代が販売されたのは、1957年。
販売開始から60年という、長い長い歴史を持つスカイラインですが、今もなお成長を続け、多くの人々を魅了し続けています。
現行モデルの「13代目・V37型スカイライン」は『世界最速のハイブリッド』を謳っています。

■日産・スカイライン(2017年式)の基本スペック

新車価格:299万~609.8万円

全長:4.82m
全幅:1.82m
全高:1.44m
車両総重量:2,085kg

乗員定員:5名

エンジン種類:V型6気筒DOHC
駆動方式:FR
ミッション:7AT
使用燃料:ハイオク
最高出力:306ps
最大トルク:350n・m(35.7kg・m)/5,000rpm

燃費:17.8km/L

排気量:3,498cc

ボディカラー:
スーパーブラック、ダークメタルグレーメタリック、ブリリアントシルバーメタリック、ラディアントレッドパールメタリック
インペリアルアンバーパール(オプション色)、オーロラフレアブルーパール2コートパール(オプション色)、HAGANEブルーメタリック(オプション色)、ブリリアントホワイトパール3コートパール(オプション色)、メテオフレークブラックP2コートパール(オプション色)

日産・フーガ

日産の世界戦略車であるフーガは、『技術のニッサン』である日産の技術力を集約した車です。
「インテリジェント デュアル クラッチ コントロール」「アラウンドビューモニター」などの最先端安全技術や、「フォレストエアコン」などの最新設備を搭載しています。
フーガのグレードは大きく分けて3つ。
「250GT」「370GT」「ハイブリッド」ですが、それぞれに、さらに高性能を極めた「VIPグレード」が設定されています。

■日産・フーガ(2017年式)の基本スペック

新車価格:399万~621.1万円

全長:4.98m
全幅:1.85m
全高:1.51m
車両総重量:2,015kg

乗員定員:5名

エンジン種類:V型6気筒DOHC
駆動方式:FR
ミッション:7AT
使用燃料:ハイオク
最高出力:225ps
最大トルク:258n・m(26.3kg・m)/4,800rpm

燃費:11.2km/L

排気量:2,495cc

ボディカラー:
スーパーブラック、ダークブルーパール、ダークメタルグレーメタリック、ブリリアントシルバーメタリック、
ガーネットブラックパール(オプション色)、ブリリアントホワイトパール3コートパール(オプション色)、プレミアムブラウンメタリック(オプション色)

スバル・レガシィB4

通勤や買い物などの普段使いにも、趣味のドライブのためにも、使用用途が様々な、多機能車であるレガシィB4。
搭載しているエンジンは2.5Lと大容量で、燃費性能も14.8L/Kmと高性能です。
長らく”スバルの高級車”として活躍している車でもあるので、外観には高級感がプラスされた上品なデザインが採用されています。

■スバル・レガシィB4(2018年式)の基本スペック

新車価格:286.2万~340.2万円

全長:4.8m
全幅:1.84m
全高:1.5m
車両総重量:1,815kg

乗員定員:5名

エンジン種類:水平方向4気筒DOHC
駆動方式:4WD
ミッション:CVT
使用燃料:レギュラー
最高出力:175ps
最大トルク:235n・m(24kg・m)/4,000rpm

燃費:14.8km/L

排気量:2,498cc

ボディカラー:
アイスシルバー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、ダークブルー・パール、マグネタイトグレー・メタリック
クリスタルホワイト・パール(オプション色)、クリムゾンレッド・パール(オプション色)

セダンには魅力的な車種が多数!

セダンについて詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?

車のタイプの中でも、特に長い歴史のあるセダン。
一言でセダンと言っても、「高級セダン」や「スポーツセダン」など、様々な車種が存在します。

現在はミニバンやステーションワゴンなどに人気が押されつつありますが、セダンにも魅力的な車種は数多く存在しています。

ファミリーカーとしてもセカンドカーとしても、様々な活用方法があるセダンは、大変魅力的な車です。
ぜひ今一度、セダンの魅力を再発見してみてください。