日産車の歴史と歩み

日産車の歴史と歩み

日産車の歴史と歩み

神奈川県に本社を構える日本の大手自動車メーカーの日産自動車。
創業以来、人の心と時代を動かすことだけを考え、全力で車作りに注力してきました。
今までの常識を疑い、前例のないものを作りたい、といった熱い思いは、現在にも受け継がれているといえるでしょう。
近年では「技術の日産」としても名高く、先進安全システムや自動運転システムなど、未来の技術で世界をリードしつつあります。
そんな日産自動車の進化の歴史と現在、過去の名車に焦点を当てていきたいと思います。

■日産自動車・そのルーツとは?

現在における日産自動車は、決して1人の経営者が作りあげた会社ではなく、様々な思いを持つ事業家達の合資会社として誕生しています。
明治~大正時代、日本を走る自動車はまだアメリカのフォード社、ゼネラルモーターズといった外車ばかりが目立ちました。
いち早く日本の自動車の国産化にのりだし、その先駆けとなったのが1911年に橋本増治郎が中心となって設立した快進社自動車工場です。
同じ頃、日産自動車の礎を築き上げる鮎川義介は、大学卒業後に渡米し職工として働くことで、鋳造の技術を会得し帰国。
その後1910年に戸畑鋳物株式会社を設立しています。
一方その頃、田健治郎、青山禄郎、竹内明太郎などが橋本増治郎が設立した快進社に出資し、各々の頭文字を取ってDAT(ダット)自動車を開発。
当事開催されていた大正博覧会で賞を獲得するなど、注目を集め始めました。
快進社は資本金60万円、建坪600坪、従業員60人の株式会社へと成長を遂げ、1919年には日本初の単塊鋳造4気筒エンジン搭載のダット41型乗用車を開発し、
一般消費者向けに販売を開始しました。
一時経営不振に陥っていた快進社は、1919年に発足したゴルハム式三輪自動車を扱う実用自動車製造(後のダット自動車鋳造)と1926年に合併をし、
さらにその5年後、鮎川義介が設立した、自動車部品を製造していた戸畑鋳造の傘下に入ることになったのです。
吸収合併によって自動車製造技術を会得した戸畑鋳造は、1933年に自動車部を創設し、本格的に自動車生産に向けて歩みだすことになります。
その頃に、現在の横浜工場敷地に約2万坪の土地を横浜市から買収しており、量産化に向けた体制を整え始めました。
そして鮎川義介が設立したもう一つの持ち株会社・日本産業と戸畑鋳造が出資の下、自動車製造株式会社が1933年に設立されることとなりました。
ちなみに日本産業の社名には、鮎川個人の利益の追求ではなく、日本全体の産業を活性化させたいという思いが込められていました。
翌年の1934年、日本産業が100%出資となったため、社名を日産自動車株式会社に改称し、現在の日産の姿になったのです。

■量産車・その名もダットサン!

横浜市の2万坪以上もの土地を買取した日産自動車は、大量生産自動車工場を始動させました。
傘下にあったダット自動車製造が開発した495ccの小型乗用車をダットサンと名付け、一家に一台の大衆車として、開発に取り組んだのです。
量産化に成功したダットサンの年間生産台数は10,000台を超え、競合車両と価格の面で大きく差をつけました。
廉価な自動車の普及で人々の生活の質を向上させていった日産自動車は、コーポレートビジョン「人々の生活を豊かに」に創業時から忠実であったといえます。
また現在のコーポレートビジョンでは、ダイバーシティ(多様性)を重視しており、
当事から日本だけでなく、アメリカのエンジニア・ウィリアム・R・ゴーハムを中心に、両国の強みを活かした技術革新を行ってきました。
そしてマーケティングにも長けていた日産自動車は、1935年にはミュージカルレビューのスポンサーとなり、
舞台装置にダットサンや他の日産車種を起用し、世間へその存在をPRしています。
また、ダットサンの周知を広めるために、有名女優をイメージキャラクターにいち早く起用するなど、先進性は技術だけでないことを当事から物語っています。
そして革新的だったのは、ダットサンなどの自社製品を広く紹介するため、プロのデモンストレーターとして4人の女性を起用。
いわゆるデモガールの存在は現在でも「ミスフェアレディ」として続いています。

■数々の伝説を作ったモータースポーツ参戦

日産自動車が初めてモータースポーツに参戦したのは、1936年に開催された「全日本自動車競走大会」です。
このレースに参戦するために日産自動車は、当事の最先端テクノロジーであった
DOHCエンジンとスーパーチャージャーを搭載したマシン・ダットサンNL75、NL76を開発しました。予想以上の性能を発揮したNL75は、初参戦で見事優勝しました。
そして1958年、日産自動車は初めての海外モータースポーツへの参加を決めました。
当事世界で最も過酷と言われた耐久レース「モービルガス・トライアル・ラウンド・オーストラリア・ラリー」にダットサン210型で参戦し、
Aクラス(1リットル以下クラス)で優勝を飾ります。
ダットサンの走行性と耐久性を世界へアピールすることが目標だった海外レースで、見事その目的を達成したのです。
これが後押しとなり日産自動車の名前とともにダットサンの知名度が上がり、アメリカ、アジア、アセアニアへの自動車輸出を促すこととなりました。
そして日産自動車のモータースポーツ史で忘れてはいけないのが、1964年に鈴鹿サーキットで行われた「第二回日本GP」です。
後に日産自動車と合併したプリンス自動車は、ロングノーズデザインに、直列6気筒OHC1988ccエンジンを搭載したスカイラインGTで参加を決定し、
わずか一周ながらも、当事敵なしと言われていたポルシェ904カレラGTを抜く快挙を達成しました。
ポルシェをリードしたその時、鈴鹿サーキットからは歓声が沸きあがり、観客達はスタンディングオベーションでその勇姿を目に焼付け、日本中のファンが歓喜しました。
レースは最終的にはポルシェが勝利しましたが、2位から6位までは全てスカイラインが独占という好成績を残し、日本のモータースポーツ史上に伝説を残しました。
これがスカイライン史の始まりでもあり、数多くのプロライダーを生み出した出来事だったのです。
ポルシェ904カレラに負けた悔しさをバネに、“ポルシェに勝てる車”として日産はスカイラインRシリーズを開発。2年後の記録会では見事雪辱を晴らすこととなりました。
「GT-R」は羊の皮を被った狼と称され、その温和な見た目に反して、多くのレーシングテクノロジーを搭載した、超高性能ツーリングカーとして君臨しました。
1969年に開発されてから以降3年間、数多くのレースで52勝を達成しており、そのテクノロジーは今なお受け継がれています。

■世間を揺るがした名車たち

<ダットサン サニー>
より廉価な車両への需要に応えるため、日産自動車は1966年に1Lエンジン搭載のコンパクトセダン・ダットサンサニー1000を発売しました。
ファミリーカーとして広く親しまれ、競合車種・カローラと並んで大衆車市場を牽引しました。
名前は一般公募から「サニー(太陽)」を採用し、応募数はなんと日本の人口の9%にものぼりました。

<ダットサンブルーバード>
日本車初のグローバルヒット製品となったのがダットサンブルーバードです。
世界標準を塗り替えたファミリーセダンとの呼び声も高く、このクルマによって日産の技術の革新性が世界に照明されたといっても過言ではありません。
OHCエンジン、独立式リヤサスペンション、三角窓をなくした先進的なデザインなど、中型セダンに新しい基準をもたらしたのです。

<ダットサン Z/日産フェアレディZ(通称Zカー)>
モータースポーツ参戦で世間を揺るがした一方、一般消費者向けのスポーツカー開発にも力を注いでいた日産自動車。
1969年に開発した、ダットサン Z/日産フェアレディZによって、スポーツカー史上に大きな革新をもたらしました。
手の出しやすい価格帯であるにもかかわらず、その洗練されたスタイリングと確かな性能を誇っており、日常使いも可能な実用性を併せ持っていました。
それまで高嶺の花として敬遠されていたスポーツカーを、より身近なものへと変貌させたのです。

<セドリック/グロリア(230型)>
高級セダンとして1972年に発売されたのが、セドリック/グロリア(230型)です。
センターピラーをなくした優雅なスタイリングは、クーペを彷彿させる流麗なデザインとなっています。
ラグジュアリー車ブームを引き起こし、すぐに他社も競合車両で対抗をはじめました。
以降30年間市場をほとんど独占したことからも、誰もがそのラグジュアリーで洗練されたフォルムに魅了されたことを物語っています。

■近年の技術革新

21世紀に入ると、日産はさらに自動車の安全性・先進性に注力をしはじめました。
クルマが人を守る次代をつくる「VISION ZERO」を提唱し、今日の日産の技術に繋がるムービングオブジェクトディテクションやレーンデパーチャーウォーニングなどを開発。
2010年には電気自動車・日産リーフを発売し、世間の話題を攫いました。電気自動車がSFではなく、現実世界で当たり前に走る未来を切り開いたといっても過言ではありません。
また、NISSAN INTELLIGENT MOBILITYに基づく先進安全システムの開発、完全自動運転の実現を目前としたドライブアシスト機能など、様々な技術革新を行っています。

■まとめ

その革新的な技術と思いやりで、戦後から現在にかけて人々の生活を豊かにしてきた日産自動車。
大衆車量の製造や新技術の投入、アプローチ方法など、前例のない新たな試みで人々の心と時代を動かしてきました。
モータースポーツへ参戦し、数々の伝説を作った経歴や、世界標準を塗り替えたファミリーセダンの開発、そして不朽の名車・スカイラインやフェアレディなど、
実用性の高さだけでなく、夢と希望を与えるような車造りに励んできました。
近年では国産電機自動車を代表する車種・リーフを発売し、先進安全技術や自動運転技術を進化させていくなど、その革新はとどまることを知りません。
今までに類を見ない未来の自動車の開発に向けて、今でも開発者・技術者達は日々研究・開発を進めていることでしょう。
日産自動車の新たな革新に期待したいです。