日産車新車情報:2018年下半期~2019年上半期

日産車新車情報:2018年下半期~2019年上半期

日産車新車情報:2018年下半期~2019年上半期

技術の日産と名高い日産自動車ですが、2018年下半期から2019年上半期にかけて、
その技術力にさらに磨きをかけた新型を次々と発売する計画があがっています。
電気自動車として不動の人気を誇るノートe-powerやリーフなどに新モデルが追加されるほか、海外戦略車SUVの新型後継モデルの発売が噂されています。
また、過去絶大な人気を博したスポーツカー・シルビアの新型モデルの登場や、
三菱と共同開発している新たな軽四輪駆動車、軽電気自動車の開発も水面下で行われているとされています。
先進技術を駆使して新たな車を生み出す日産は、自動車業界の未来をどこまで牽引してくれるのでしょうか。
以下に、今後の予想も含めた、2018年下半期から2019年にかけて日産が販売する新車情報をまとめています。

■日産ノートe-POWERにスポーティグレード登場! “AUTECH SPORTS SPEC”/2018年7月5日発売

e-POWERを搭載した日産・ノートに新グレードが誕生しました。
新たに追加された「AUTECH SPORTS SPEC」は、日産ノートのプレミアム感を高めたAUTECHのスポーツモデルとして誕生しています。
上質感はもちろんのこと、走りに特化したチューニングを加えており、走行性や快適性を向上させています。
生まれ変わったAUTECH SPORTS SPECの特徴は大きく3つに分けられます。
1つ目はボディ剛性の強化です。要所を補強することによってボディの捻じれを低減させ、レスポンスに遅れのない気持ちの良いステアリング操作を実感することができます。
それによってスポーティな走りと安定したワンランク上の乗り心地を実現しています。
2つ目は上質な乗り味を実現するため、専用パーツを使用している点です。
専用の16インチアルミホイール、専用チューニングサスペンション、専用車速感応式パワーステアリングを採用しており、スポーティモデルとしての乗り心地をより向上させています。
そして3つ目が、専用のチューニングコンピューターの採用です。シャシー性能に併せてVCM制御をチューニングすることで、意のままの操作性と加速感を実感することができます。
回生ブレーキにもこだわりを持ち、加速性だけでなく減速感もドライバーが自在に操ることができます。

それに加えて、LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付、プロジェクタータイプ、LEDポジションランプ付)、
リヤ2スピーカー、GPSアンテナ、TVアンテナ、TVアンテナ用ハーネス、をAUTECH SPORTS SPECでは全て標準装備としています。
寸法はe-POWER AUTECHと比較して前後のトレッドが10cmほど縮小され、車両重量は約20kg増量しています。
駆動方式は2WDのみで、価格は245万円スタートとなっており、e-POWER AUTECHよりも約20万円高くなっています。

■専用チューニングでパワーアップした日産新型リーフNISMO/2018年7月31日発売

新型リーフにさらなるニューモデル「NISMO」が加わり話題を呼んでいます。
ロー&ワイドな外見からはその走行性の良さを彷彿させ、よりスタイリッシュになったスポーティなエアロフォルムといえるでしょう。
フロントからリヤにかけて引かれたアクセントラインはNISMOらしさを表しており、さらにその先進性を強調しています。
電気自動車特有のスムーズで伸びやかな走りに加え、より加速感をダイレクトに感じることができる走行性を誇ります。
レーシングカー・GT-Rなどがあらゆるモータースポーツで培ってきた技術とスタイリッシュなスポーティデザインを採用しており、
従来の電気自動車では味わうことの出来なかった未体験の走行を実現しています。
NISMO専用のフロント・リヤバンパー、専用サイドシルプロテクター、18インチもの大型アルミホイールなどを有しており、往年のレースシーンを思い起こさせます。
また、、パワーステアリングやサスペンションも専用モデルにこだわっており、それによってスタビリティ、ハンドリング性能の向上、上質な乗り心地を実現しています。
NISMO専用のチューニングによる加速性に合わせてブレーキ性能も向上。低速域から高速域までの加速の早さは、日産リーフの実に2倍の数値を叩き出しています。
ストップ&ゴーが多い一般道で、素早い反応によるストレスのない立ち上がりを可能としており、
EV走行特有の静粛性で深夜や早朝の走行にも適しているなど、まさに街中走行のための車種といえます。
コーナリング性能、減速感においても、ドライバーの意のままの走行が可能となっています。
外装・内装に一層磨きをかけ、走行性能においては全ての面でパワーアップしたNISMO。
乗る人の想像を超えた新感覚のEVドライブがきっとそこにあることでしょう。

■2018年~2019年発売予想車両

・日産新型シルビアの後継モデル?次世代スポーツカー/2018年中発売(予想)

2012年のジュネーブモーターショーで出展されたコンセプトカー・Emerg-E(エマージュ)が新型シルビアの後継モデルとして発売される予定です。
新型エンジンの可変圧縮比VCターボを搭載した、次世代のスポーツカーとして誕生し、
完全EV走行が可能なハイブリッドモデル「e-POWER」のスポーツ仕様が採用されるのではと噂されています。
先進性を極めたエクステリアはフロントからフェンダーにかけてワイドなボディを強調しており、ヘッドライトからはシャープで落ち着いた印象を受けます。
インテリアは旧型シルビアの上質感を踏襲し、さらに先進性を高めていくでしょう。
日産の高級ライン・インフィニティから流用したパワーユニット・S16型の採用が濃厚とされており、
あらゆる速度域にあわせた最適な圧縮比を可能とする可変圧縮比技術を搭載したVCターボエンジンを搭載予定としています。
技術の日産が誇るプロパイロットシステムをさらに進化させた自動運転技術が搭載されるのではとも噂されており、新技術搭載への期待が高まっています。
2018年の発売の可能性は薄いかもしれませんが、もし新型シルビアが発売されることとなった暁には、日本のスポーツカー市場をさらに盛り上げてくれることは間違いないでしょう。

・スズキ・ジムニーの対抗馬となるか?三菱パジェロミニ後継モデル/2019年以降発売(予想)

スズキのジムニーが2018年7月に20年ぶりのフルモデルチェンジを行いました。
そのライバルとも言われている日産と三菱の共同開発車種・パジェロミニですが、その後継モデルが2019年以降に発売されるのではという噂が立っています。
以前はクロスカントリーモデルとしてオフロード走行を可能とした走破性を誇るパジェロミニでしたが、今回の新型では街乗り走行も意識したクロスオーバーSUVとして
室内の快適性や操縦安定性をさらに向上させたモデルとして誕生すると予想されています。
新型パジェロミニでは、ビルトインラダーフレームを採用した三菱eKシリーズを同じプラットフォームを採用する見込みで、それによって車体の揺れは軽減することでしょう。
さらに車両重量を軽くすることで、燃費消費率をさらに向上させると言われています。
現在、軽4WDのクロスカントリーモデルはスズキのジムニーが市場を独占している状態のため、いかにパジェロミニがそこに食い込み、市場を盛り上げてくれるかが注目されています。

・日産ジューク後継車両?新型キックス誕生か/2019年米国発売開始 (日本国内では未定)

日産・キックスは、2016年にブラジルで発売されてから現在まで、世界各地で高い人気を誇る日産の世界戦略車です。
2017年には中国・カナダへ販路を広げ、2018年6月から米国での販売も開始されています。
そして早くも2019年にその派生モデルが米国で誕生するのではないかという噂が立っています。
キックスの発売を機にコンパクトSUV・ジュークの販売を終了していた米国市場ですが、新型キックスはジュークの後継モデルとして発売が予定されています。
日本での発売はまだ未定ですが、米国での導入はほぼ確実とされています。
ジュークは国内市場でも非常に人気の高いSUVですので、米国導入後に国内でもどのように展開していくのか期待が高まります。

・日産デイズのEVグレード、三菱と共同開発か/2019年~2020年発売(予想)

日産・三菱両会社が現在開発を進めているのが、軽自動車のデイズ(三菱ではeKシリーズ)をEV(電気自動車)化することです。
現在、両社は軽のEV車種iMIEVを販売しており、その後継モデルとして誕生すると言われています。
三菱自動車の益子修社長は、ガソリンスタンドの経営悪化により困難を極める燃料供給などの問題から、主に過疎地における電気自動車の必要性を説いています。
今後軽電気自動車は、日常の足使いとして軽自動車が広く活用されている地方からの需要が高まるとされています。
もしそれが実現した際は、自宅のコンセントから充電が可能となり、将来的に燃料不足に困ることもなくなり、ガソリンスタンドの経営悪化によるユーザーへのしわ寄せをなくすことができます。
2020年までに日産と三菱からこの後継モデルが発売されるのではと、ユーザーからも業界からも注目が集まっています。

■まとめ

電気自動車市場を牽引している日産は、2018年下半期~2019年上半期にかけても、新型モデルやグレードの追加で、さらにその勢いを増していくでしょう。
静かで大人しい走行性能という印象を持つ人が多い電気自動車ですが、スポーティモデルの追加によって市場にどのように影響を与えるのか必見です。
日本のみならず海外からも高い評価を受けている日産車の、今後も発展に注目していきたいです。