ホンダ車モデルチェンジ情報:2018年下半期~2019年上半期

ホンダ車モデルチェンジ情報:2018年下半期~2019年上半期

ホンダ車モデルチェンジ情報:2018年下半期~2019年上半期

2018年から2019年にかけて、ホンダはあらゆるジャンルの新車導入を計画しています。
それと同時に既存車においてもフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ、改良モデルの追加など、著しい変化が見受けられます。
ホンダの革新的な姿勢は一気に加速していき、とどまるところを知りません。まだ確定となっていない噂も含め、以下にモデルチェンジ情報をお届けします。

■ホンダ待望のプラグインハイブリッドモデル・クラリティPHEV誕生!/2018年7月20日発売

かねてから日本での販売を予想していたクラリティPHEVが、ついに7月20日に日本で発売となりました。
プラグインハイブリッドモデルとして、パワートレインを2モーターのハイブリッドシステム(Sport Hybrid i-MMD)とバッテリーの組み合わせとし、
EV(充電電力使用)のみの走行も可能としています。国内トップレベルのEV走行距離を誇り、JC08モードでは114.6km(WLTCモードでも101.0km)を実現しています。
走り始めから最大トルクを出力し、気持ちの良い加速性が感じられるほか、EV走行ならではの静粛性やレスポンスの良さを実感できることでしょう。
ドライバーの意思で変えられる走行モード切り替えスイッチを有しており、EV走行を支援する「ECON」、よりレスポンスの良い走りを実現する「SPORT」、バッテリー残量をキープしたままハイブリッド走行をする「HV」から選択が可能です。
低重心化の実現のため、スムーズでフラットな乗り心地はもちろんのこと、素早く、意のままの操縦が可能なステアリングが実感できます。

ユーザーが気になるのは充電設備だと思いますが、自宅のコンセントから簡単に受電することができ、6時間でフル充電となるため(AC200V以上の回線が必要)、
夜間などに充電することによって、不便を感じることなくエネルギーを車に供給できるでしょう。(AC100Vでの充電時間は50時間)
また、サービスエリアやコンビニなどでの急速充電にも対応しており、たとえ外出先であってもスピーディな充電が可能となっています。
急速充電の場合、約30分で満充電量の80%が充電できます。
現在充電スタンドは全国に約20,800基設置されており、今後も広がりを見せることは明白です。
同時に「Honda Charging Service(ホンダ チャージング サービス)」の導入を開始し、カード一枚で各充電スタンドでの充電が利用可能となっています。
先進安全システム「ホンダ・センシング」の導入で予防安全性を高めているほか、外装・内装の質にもこだわりを見せているクラリティPHEV。
価格は588万円~としており、PHEVとして先に発売されているトヨタ・プリウスの332万円~、三菱・アウトランダーの366万円~や、
電気自動車の先駆者として知られる日産・リーフの315万円~と比較しても強気の設定といえます。
それだけに今回の新モデルは、ホンダの技術力を結集させた珠玉の1台といっても過言ではありません。
躍進していくホンダの先進性から、今後も目が離せません。

■日本仕様車の発売迫る!10代目アコード/2018年8月頃発売

フルモデルチェンジを行い、米国で2017年10月に販売を開始しているアコード。追ってカナダ、中国でも発売を開始しており、日本での発売にも期待が高まっています。
もし10代目アコードの日本仕様が発売となる場合、2018年8月頃になるのではと噂がされています。
現行モデルの9代目と比較すると、新型プラットフォームを使用したことによりサイズが縮小されていますが、ホイールベースは拡大されているため室内空間の拡大が実現しています。
ヘッドライトは9連LEDライトを採用しており、グレードによっては19インチタイヤを使用しているため、従来のものと比較してさらなる存在感にスタイリッシュな外観に仕上がっています。
次世代ACEボディを採用することによってさらにボディ剛性を高めている反面、現行モデルと比較して約50~80kgの軽量化に成功しています。
また、視認性を高めるためにボンネットを低く設定しており、さらにフロントピラーを細くすることで広い前方視界を実現しています。
エンジンには新開発となる1.5L直4直噴VTECターボ、2.0L 直4直噴VTEC ターボエンジン、そして次世代の2モーターハイブリッドの2.0L 直4DOHC エンジン+2モーター (i-MMD)を搭載予定としています。
2.0Lターボエンジンには10速オートマチックトランスミッションと組み合わせ、高い静粛性と燃費消費率を誇り、V6 3.5Lエンジンを超えた走りを実現する次世代のパワートレインとなっています。
2モーターハイブリッドシステムの導入で、現行モデルの燃費性能は31.6km/Lとしていますが、今回のモデルチェンジを機に軽量化が図られることによって、33.0km/Lの燃費が実現すると噂されています。
パワーユニットを後席フロア下に設置し、さらなるコンパクト化を図ることにより、ガソリン車と同等のトランクスペースを確保している点でも評価が高いです。
そして安全性の向上のため、全車に先進安全システム「ホンダ・センシング」を標準装備としています。
よりスポーティな走りと、ダイナミックな見た目にに生まれ変わるアコード。10代目となる新型アコードが、日本市場でどこまで人気を集めるのか注目が集まっています。

■フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ情報(予想)

■N-WGN/2019年 4月頃発売

人気のNシリーズ・N-WGNにモデルチェンジの噂が立っています。
N-BOXが2017年9月に新型へと変貌を遂げ、その翌年にN-ONEがモデルチェンジしました。順当にいけば次はN-WGNが来ることは明白です。
Nシリーズの開発者は、シリーズが一通り揃えばそれらのブラッシュアップをしていくと明言しており、全シリースが揃い人気も好調な今がその時期だと予想されます。
まだ予想に過ぎませんが、新型N-WGNは現行モデルと比較して長細いヘッドライトとソリッドウイングフェイスが使用され、現行モデルよりもさらに
その質感が高められると期待されています。
2017年にモデルチェンジをしたN-BOXに搭載したi-VTECエンジン、ターボエンジンが採用されると予想されており、パワフルな加速性と頼もしい走行性を予感させています。
昨今の安全競争に対応した先進安全システム・ホンダセンシングの導入を予定しており、現在メーカーオプションで設定している「あんしんパッケージ」が廃止される見込みです。
Nシリーズの中でも最も遅くモデルチェンジが行われるN-WGNは、先行して改良を行ったN-BOXやN-ONEで取り入れた評価の高い技術を抽出し、より洗練されたモデルチェンジになることは明らかです。
今後の動向に注目していきたいです。

■ヴェゼル ターボモデル追加/2019年秋頃発売

人気モデル・ヴェゼルが秋頃にマイナーチェンジするという噂を耳にします。
パワートレインに「1.5Lターボエンジン」を採用することで、より走りに特化したラインナップを強化する狙いです。
これにより「ハイブリッド」「ガソリン」「ターボ仕様」の3種類から選択が可能となる見込みです。

■フィット/2019年秋頃発売

2019年にフルモデルチェンジが噂されているフィットですが、もしそれが実現した場合、燃費の向上と室内空間の使いやすさが鍵となるでしょう。
ホンダ車における貴重なコンパクトカーとして人気が高いフィットですが、積載性が不十分との声も挙がっています。
日産・ノートやキューブ、マーチなどの競合他社のライバル車両が続々とモデルチェンジを行い新型が発売される中、それらに対抗するためにどのような変貌を遂げるのか注目が集まっています。

■フリード/2019年 年内発売

2019年にフリードとフリードプラスのマイナーチェンジが噂されています。
コンパクトカーとして高い人気を誇るフリードは、使い勝手の良さと高い燃費性能で幅広い層から支持を集めています。
新型の変更点として挙げられるのは、エクステリア・インテリアの変更、1.0L直列3気筒エンジンの採用、先進安全システム「ホンダセンシング」の性能向上です。
現行フリード同様、iPhoneを車内でもより安全に快適に使用出来る「Apple CarPlay」を採用し、iPhone内の音楽再生はもちろん、ハンズフリー通話、
マップアプリケーションと連動したナビゲーション、メールの送受信など、様々な機能を搭載します。
気になる燃費予想ですが、現行モデルが27.2km/Lであるのに対し、システム制御の見直しや軽量化などによって、28.0km/Lまで向上するのではないかと噂されています。
加えて、先進安全システムであるホンダセンシングのさらなる機能の向上も予想されています。

■まとめ

新型車の導入が確実視されるなか、モデルチェンジ情報はまだ不確定なものが多い印象のホンダ車。
2018年の下半期からは、既存車もさることながら、前々から計画していた新型車にかける思いが強い傾向にあります。
既に発売されているプラグインハイブリッド車のクラリティは、PHEV市場に新たな旋風を巻き起こすことが出来るのでしょうか。
先進安全システム・完全自動運転化への責任の所在や、電気自動車への充電システムのインフラ整備やバッテリー寿命に対する保証など、課題が多いことは否めませんが、
先進性が求められる昨今の自動車業界において、「先進安全システム」「自動運転」「電機自動車(もしくはプラグインハイブリッド車)」これらのワードが鍵となってくることは間違いありません。
その市場にどのように食い込み、時代を牽引していくのか、ホンダの今後の動向に注目が集まっています。