軽トラックの査定が通常の軽自動車と何故違うのか

軽トラックの査定が通常の軽自動車と何故違うのか


軽トラックを売却に出す際、あなたは今までどうしていましたか?

「年式が古いから売れるはずがない・・・」

「走行距離が20万キロに近いので、廃車にするしかないな」

そう考えて二束三文で手放してしまった方も少なくないのではないでしょうか。
新車販売価格も比較的安いため、長く使い込んだ軽トラックは売れないと思っている人がほとんどです。しかし、いざ軽トラックを手放す際、何も知らずに売却をしてしまうと大きな損をしてしまう可能性が高いのです。

商用利用している軽トラックの走行距離が10万キロを超えてしまうのは当たり前ですし、中古車市場には20万キロ、中には30万キロの車もざらにあります。年式が新しく走行距離も短い軽トラックともなれば、新車販売価格と大差ない価格で取り引きされる場合もあります。もし走行距離が長くなってしまっても、実は軽トラックは海外需要が非常に高い車でもあるのです。

今回は軽トラックが高く売れる理由と、出来るだけ高額査定をしてもらうコツ、軽トラックを代表する車種について言及していきたいと思います。

 

所有者と買取店間のギャップ

そもそも軽トラックの売却を検討している所有者と買取店の間に大きなギャップがあるのをご存知でしょうか。

買取店は軽トラックが高額で取り引きされていることをもちろん知っていますが、所有者のほとんどが、「長く乗った軽トラックには値段がつかない」と考えています。出来るだけ安く買い取って出来るだけ高く売りたい買取店にとって、まさしく軽トラック中古車売買はドル箱市場と言っても過言ではないでしょう。所有者との間のギャップによって大きな利益が得られるため、あえてそれを教えてはくれません。

そのため、売却する側の所有者が「待った!」をかけない限り、相場よりも遥かに安い金額で取り引きされてしまうのです。
たとえ国内需要がなくなった軽トラであっても海外需要は大いに見込めます。もちろん車の状態にもよるため一概には言えませんが、査定価格が二束三文にしかならなかった時は一度疑ってかかるべきかと思います。

ちなみにリースの場合は、リース期間終了後に車を手放す前提で契約をすることも多いかと思いますが、もし軽トラックが高値で売れること先に知っていたならば、残価を高く見積もれることを予想して、月々のリース料を安くする交渉も出来るかもしれません。

軽トラックを売却する際は、まずは買取相場を知ることが重要なのです。

軽トラックが高く売れるのはナゼ?

それでは、軽トラックが高値で取り引きされる理由とは一体何なのでしょうか。その理由は至ってシンプルです。
軽トラックは耐久性が非常に高く長く使用できるほかに、軽規格であるため、自動車税が安く任意保険料に関しては軽乗用車よりも安くなるというメリットがあります。その詳しい理由を見ていきましょう。


・耐久性が高い理由

軽トラックは頻繁に高速道路を走るための設計はされていません。重視しているのは積載性と、荷物を積んだ際の耐久性です。荷物分の重量を考慮し、ボディフレームは耐久性を重視しているため軽量化もあまり行われていません。

一方軽乗用車はどうでしょうか。昔と変わって横風にも強くなり、今では軽自動車も高速道路を走れる走行性や走破性を売りにしています。高速走行性を図るため、アルミニウムやスチールを使用した軽量化が進められています。そのため耐久性の面で軽トラックに見劣りしてしまうのです。

 

・保険料が低い理由

自動車は年式・価格(現在価値)・サイズ・環境性能・安全性能によって保険料が算定されており、軽自動車は排気量が少なく、車体サイズも小さいため保険料が低くなっています。そして中でも軽トラックは貨物車(4ナンバー)であるため、軽乗用車と比較しても保険料が安くなります。ただしその反面、貨物車は運転者年齢条件特約が適用されません。(※乗用車は保険料にあらかじめ年齢条件を設定することで保険料を安く抑えることが出来ます)

また、乗用車であれば車両保険にも加入し、傷がつけば見栄えに関わってくるため、保険で修理する人がほとんどかと思いますが、軽トラックには傷がつきものなので、多少の傷で修理する所有者はいないでしょう。そのため、もし車両保険に加入しないのであれば、保険料のさらなる節約が望めるのです。また車両保険に加入する場合においても、軽トラックの方が長距離走行を行わないため事故に遭い難いという保険会社のデータがあり、それに伴って保険料も安くなっています。

 

どうやったら査定額が上がるの?

誰だって車を出来るだけ高く売りたい気持ちは大きいですよね。
査定額を上げるポイントを以下にご紹介したいと思います。

 

・しっかりと洗車を行う

当たり前のことかもしれませんが、意外とこれが出来ていない方が多いように思います。
「乗用車なら洗車もするけど、商用の軽トラックは洗車しても査定額には影響がないのでは・・?」
そういった声もあるかと思いますが、その考えは間違いです。
査定の際は乗用車同様の基準で行われるため、減点方式で行われます。
汚れていて見え難い箇所は、わざわざ査定に来た人が汚れを落としてまで確認してくれるわけではなく、傷やヘコミ、修復歴があるものとして評価されることがあります。もし本当に傷などがなかった場合でも、減点対象となってしまうのです。

そのため、出来るだけ洗車で汚れを洗い流した上で査定を依頼することをお勧めします。

 

・購入時の書類を一式残しておく

長期間使用している場合、購入時の書類が既に手元にない方も多いかと思います。ダッシュボードに入れっぱなしになっていればラッキーですが、わざわざ当事の見積書・カタログから律儀に保管している人はほとんど居ないでしょう。中古車市場で取り引きされているトラックは必要書類が揃っていないことも多く、それが査定額に大きく関係してしまうのは言うまでもありません。

見積書やカタログならまだしも、説明書や保証書、整備履歴簿などの重要書類があるのと無いのとで、査定額は変わります。例えば車検証には型式までは記載されていますが、そこからメーカー・ディーラーオプションで何を追加しているのかなど、査定の際に詳しい車の仕様が分からないことが多いのです。

これは軽トラックに限ったことではありませんが、査定には車の情報が不可欠です。適正な査定価格を知ろうと思えば、車に関する情報は多ければ多いほど良いのです。

 

年式や走行距離は関係ないの?

本当に年式が古くて走行距離が長い軽トラックに値段はつくのでしょうか。もちろん車の状態にもよるかとは思いますが、走行が出来ないほどの損傷や目立った傷がない限り、よほど新しい車や距離が短い車を除いて、年式や走行距離に関係なく査定額が算出されます。

走行距離が5万キロと30万キロの軽トラックを比較したところ、同じ年式にも関わらず査定額に差はほとんど見受けられず、どちらも30万円以上の査定額を記録した例もあります。

比較的新しくて走行距離が短い軽トラックは国内の中古車市場では不足しており、新車購入価格とまではいかなくとも、それに近い金額で取り引きされた例もあります。そして30万キロ超えなど、乗用車では明らかに廃車と思われるような走行距離であっても、軽トラックは海外需要が非常に高く、それによって買取相場が維持されているのです。どれだけ走っていても、多少の傷があってもヘコミがあっても、走れば問題はないのです。

売る前から諦めず、高額査定になることを願って一度信頼のおける業者で査定に出してみることをお勧めします。

どの軽トラックが一番評価が高いの?

現在日本のメーカーが出している軽トラックで新車購入が可能なのは、スズキ・キャリイダイハツ・ハイゼットトラックホンダ・アクティトラックの3種類となっています。その他には各社がOEM提供をしている車種となるため、実質的にはこの3車種で市場を競い合っているといえます。

新車購入価格は横並びで推移しており、それぞれエントリーモデルで90万円前後の設定です。機能のバランスが優れているのはキャリイで、乗降性と積載性に定評があります。アクティトラックは走行面での評価が高く、エンジンは高回転志向となっています。ハイゼットは外装色が選べるところがポイントで、ピンクやオレンジといったカラーバリエーションを用意しており、働く女性に向けたアプローチも展開しています。

各社それぞれの強みを持っており、中古車査定額にも対して差は見受けられないため、一番自分に見合った車種を選択するといいでしょう。

まとめ

軽乗用車も軽トラックも、同じ軽規格なのだから査定額も同じ、と捕らえるのは尚早です。走行性に特化した乗用タイプ、積載性に特化した商用タイプでは役割が異なってくるため、車の耐久性や重量にも違いが表れます。その違いは保険料であったり、使用可能年数に大きく寄与するのです。

所有者と買取店との間にギャップがあるのは上記で述べた通りです。買取店も商売なので、高く売るのを諦めている所有者に、高く売れることを教えてはくれません。軽トラックを出来るだけ高額で売却しようと考えるならば、まずはその相場を知り、良心的な業者を探すことから始めましょう。そして出来る限り保存状態を良くし、所有している車に関する書類を集めましょう。情報さえ集まれば価格交渉の材料になるため、既に業者とやり取りしている人も知っておいて損はないでしょう。それによって二束三文になるはずだった軽トラックが、行動一つで数万円、数十万円になる可能性も大いにあります。

新車購入価格が安く、それでいて長く走れて維持費も安く、中古車市場でも人気が高く高額買取が望める軽トラック。そのコストパフォーマンスの良さに気づいていない人も多く、非常にもったいないと思わざるを得ません。

軽トラックは売ってみるまでどれほどの価値が眠っているのかがわからない車でもあるので、一概には確実に高額査定が望めるとは言いがたいですが、何もせずに諦める必要は全くありません。

もし今軽トラックを手放そうとしている人がいれば、是非この記事を参考にしてみてくださいね。