意外と知らないナンバープレートについてのあれこれ

NO IMAGE

意外と知らないナンバープレートについてのあれこれ

 

車に乗る・乗らないに関わらず、普段から何気なくナンバープレートは目にすると思います。

黄色いものや白いもの、緑のものなど、ナンバープレートにも種類がいくつかあることはご存知もことでしょう。
しかしその詳しい区分や、それぞれのナンバープレートに記載されている数字の意味、ひらがなの意味など、目にする頻度が高いわりに、ナンバープレートについて知らないことが多いのではないでしょうか。

近年は”ご当地ナンバープレート”や”イラスト入りナンバープレート”の登場など、ナンバープレートが注目を浴びる機会も増えています。
今回は、知っていると役に立つ「ナンバープレートについてのあれこれ」についてまとめました。

ナンバープレートのはじまり

ナンバープレートのはじまりは1800年代のアメリカでした。
当時の移動手段・馬車を、他人のものと区別するために”数字を書いた板”を装着したことがナンバープレートのはじまりです。

日本でナンバープレートの装着が義務付けられたのは明治40年(1907年)。
当時は交通安全の意識が希薄だったので、交通事故が多発しており、ナンバープレートの装着が義務となりました。
形は現在と変わりませんが、白いプレートに黒字の数字表記のみのプレートです。

ナンバープレートの表記が緑字になる

次にナンバープレートの仕様が変わったのが、昭和26年。
「道路運送車両法」が施行され、文字の色が”黒⇒緑”へ。さらに地名表記もはじまりました。

ナンバープレートにひらがな表記が追加される

昭和30年にはひらがな表記が追加され、上下二段表示になりました。
ナンバープレートのサイズが一回り大きくなり、現在と同じサイズになったのもこの頃です。

ナンバープレートの地域名がフルネームへと

昭和39年。それまでは”群馬⇒郡”、”品川⇒品”、”富山⇒富””など、省略表記されていた地域名が、現在同様フルネームで表記されるようになりました。
これ以降も、「ご当地ナンバーの交付」など細かな変更は多少ありますが、昭和39年には現在のナンバープレートの基礎が出来上がっています。

ナンバープレート内のそれぞれが表す意味

ナンバープレートの地名が表す意味

ナンバープレートの地名は、「管轄支局=陸運支局」の場所を表しています。
その車を管轄している陸運支局の場所(使用本拠位置)が表記されているのです。

しかし近年では、”ご当地ナンバー”が誕生し、これらは陸運支局にはとらわれない表示となっています。

ナンバープレートの地名の横の数字が表す意味

ナンバープレートの地名の横の数字は「登録自動車分類番号」といい、自動車の種別や用途による分類を表示する3桁の数字です。
こちらは各陸運支局によって割り当てられる数字です。
3や5で始まる車を3ナンバー、5ナンバーと呼びます。数字でどの車種のことを指しているのかがすぐに分かるようになっています。

普通自動車(貨物用途の普通自動車)⇒1・「10~19」「100~199」
普通乗合自動車(乗車定員11名以上の乗用の普通自動車)⇒2・「20~29」「200~299」
普通乗用自動車(乗車定員10名以下の乗用の普通自動車)⇒3・「30~39」「300~399」

小型貨物自動車(貨物用途の小型自動車)⇒4・6「40~49」「60~69」「400~499」「600~699」
小型乗用自動車(乗車定員が10名以下の乗用の小型自動車)⇒5・7「50~59」「70~79」「500~599」「700~799」

特種用途自動車⇒8・「80~89」「800~899」

大型特殊自動車⇒9・「90~99」「900~999」
建設機械に該当する大型特殊自動車⇒0・「00~09」「000~099」

ナンバープレートのひらがなが表す意味

このひらがなは、事業用・自家用・レンタカーなど自動車の区別のために表示されています。
こちらも各陸運支局によって割り当てられます。

事業用車⇒あいうえ かきくけ を
自家用車⇒さすせそ たち てと なにぬねの はひふほ まみむめも やゆ らりるろ
レンタカー⇒わ れ
駐留軍人用車両⇒よ、EHKMTY

※ひらがなの「お」「し」「へ」「ん」は使用されません。
理由は以下の通りです。

「お」⇒「あ」と混同するため
「し」⇒死を連想させるため
「へ」⇒屁を連想させるため
「ん」⇒読みづらいため

ナンバープレートの2段目に表記されている数字が表す意味

ナンバープレートの2段目に表記されている数字は「一連指定番号」といいます。
その車両を特定する数字であり、1999年からは「希望ナンバー制」の導入により好きな数字を選べるようになっています(手数料あり)。
※ただし、以下の14個の番号は大変人気のため抽選となっています
「1」「7」「8」
「88」
「333」「555」「777」「888」
「1111」「2222」「3333」「5555」「7777」「8888」

下2桁が「42」と「49」の番号は、「死に」や「轢く」「四苦・死苦」を連想させるため、希望しない限り使用されることはありません。

ナンバープレートの色が表す意味

白のナンバープレート

白のナンバープレートは、「自家用車」または「商用車」に採用されているナンバープレートです。
白地に緑字で書かれています。

黄色のナンバープレート

黄色のナンバープレートは、「自家用軽自動車」または「商用軽自動車」に採用されているナンバープレートです。
黄色地に黒字で書かれています。

排気量が600cc以下の場合、黄色のナンバープレートが配布されます。
ナンバープレートのサイズは普通自動車と比べて少し小さくなっており、また白いナンバープレートと違い封印(ナンバープレートを止めるボルトの上にするアルミ製の蓋)も付いていません。

緑のナンバープレート

緑のナンバープレートは、「事業用」に採用されているナンバープレートです。
白のナンバープレートの対称で緑地に白字で書かれています。

一般的なタクシー・バス・トラックなどは緑のナンバープレートを装着しています。
250ccを超える普通自動二輪車と大型自動二輪車の場合は、さらにナンバープレートに白の枠が付きます。

黒のナンバープレート

黒のナンバープレートは、「事業用軽自動車」に採用されているナンバープレートです。
黄色のナンバープレートの対称で黒地に黄色字で書かれています。

こちらのナンバープレートのサイズも白や緑のナンバープレートと比べて少し小さくなっており、またい封印も付いていません。

日本のナンバープレート一覧

2018年5月現在、ご当地ナンバーも含め【117種類】のナンバープレートが日本にはあります。

・北海道 札幌/函館/旭川/室蘭/釧路/帯広/北見
[計7つ]

・青森県 青森/八戸
[計2つ]

・岩手県 岩手/盛岡/盛岡
[計3つ]

・宮城県 宮城/仙台
[計2つ]

・秋田県 秋田
[計1つ]

・山形県 山形/庄内
[計2つ]

・福島県 福島/会津/郡山/いわき
[計4つ]

・茨城県 水戸/土浦/つくば
[計3つ]

・栃木県 宇都宮/那須/とちぎ
[計3つ]

・群馬県 群馬/前橋/高崎
[計3つ]

・埼玉県 大宮/川口/所沢/川越/熊谷/春日部/越谷
[計7つ]

・千葉県 千葉/成田/習志野/袖ヶ浦/野田/柏
[計6つ]

・東京都 品川/世田谷/練馬/杉並/足立/八王子/多摩
[計7つ]

・神奈川県 横浜/川崎/湘南/相模
[計4つ]

・山梨県 山梨/富士山
[計2つ]

・新潟県 新潟/長岡
[計2つ]

・長野県 長野/松本/諏訪
[計3つ]

・富山県 富山
[計1つ]

・石川県 石川/金沢
[計2つ]

・福井県 福井
[計1つ]

・岐阜県 岐阜/飛騨
[計2つ]

・静岡県 静岡/浜松/沼津/伊豆/富士山
[計5つ]

・愛知県 名古屋/豊橋/三河/岡崎/豊田/尾張小牧/一宮/春日井
[計8つ]

・三重県 三重/鈴鹿
[計2つ]

・滋賀県 滋賀
[計1つ]

・京都府 京都
[計1つ]

・大阪府 大阪/なにわ/和泉/堺
[計4つ]

・奈良県 奈良
[計1つ]

・和歌山県 和歌山
[計1つ]

・兵庫県 神戸/姫路
[計2つ]

・鳥取県 鳥取
[計1つ]

・島根県 島根
[計1つ]

・岡山県 岡山/倉敷
[計2つ]

・広島県 広島/福山
[計2つ]

・山口県 山口/下関
[計2つ]

・徳島県 徳島
[計1つ]

・香川県 香川
[計1つ]

・愛媛県 愛媛
[計1つ]

・高知県 高知
[計1つ]

・福岡県 福岡/北九州/久留米/筑豊
[計4つ]

・佐賀県 佐賀
[計1つ]

・長崎県 長崎/佐世保
[計2つ]

・熊本県 熊本
[計1つ]

・大分県 大分
[計1つ]

・宮崎県 宮崎
[計1つ]

・鹿児島県 鹿児島/奄美
[計2つ]

・沖縄県 沖縄
[計1つ]

ご当地限定レア・ナンバープレート

エヴァンゲリオンのナンバープレート(神奈川県箱根町)

2014年3月25日から、原付とミニカー限定で390枚のみ交付されたエヴァンゲリオンのナンバープレート。
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』とのコラボで誕生した、エヴァンゲリオンマニア垂涎のナンバープレートです。

ルパン三世のナンバープレート(千葉県佐倉市)

表記されるひらがなはルパンの「る」で統一されていて500cc~125cc、ミニカー合わせて限定3000枚の交付。
佐倉市市制60周年記念事業の一環のPR企画で、原作者の漫画家モンキー・パンチ氏が佐倉市内在住である縁から実現しました。

ウルトラマンのナンバープレート(福島県須賀川市)

2014年1月6日から交付されたウルトラマンのナンバープレート。
須賀川市市制60周年記念事業の一環のPR企画で、円谷英二監督が須賀川市出身である縁から実現しました。

銀河鉄道999のナンバープレート(東京都練馬区)

2008年に銀河鉄道999の作者・松本零士さんが名誉区民にも選ばれたことから実現。
松本零士さんは練馬区在住です。

阿波踊りをイメージしたナンバープレート(徳島県徳島市)

高知県のよさこい祭りとともに四国二大祭りとされる阿波踊りですが、徳島県徳島市には阿波踊りをイメージして作られたナンバープレートがあります。
ナンバープレートは踊りに使われる高張提灯をかたどっています。そしてナンバープレートの中に、踊る男女が配されたデザインを導入しています。

 

愛車の無料査定はコチラ

必須:メーカー
必須:車種
任意: 年式

必須: 名前
必須: 電話番号
※ご入力頂いた内容は、「中古車買取ドットコム」に送信されます。
※送信時は、プライバシーポリシーに同意したものとします。